In My Life ~映画1日1作ブログ~

今日観た映画の感想などをつらつらと書くところ。

観たいのに観たくないエグられ系映画

今回は、人に話したいけどおススメはしづらい・・

映画としては素晴らしくて魅力がある・・・

でもストーリーがひどすぎて心救われない・・

ずーん・・・

 

そんな

 

また観たいのにもう観たくない!

 

きっとそんな一本になるであろう抉られちゃう映画をご紹介します。

 

まだ観ていなくて鑑賞予定の方はくれぐれも元気いっぱいの時に観ましょう!

覚悟ができていればダメージが少なく済むこともありますのでお役立てください。

 

 

 

 

 

まずは

 

パンズ・ラビリンス

 


パンズ・ラビリンス スペシャルプライス版 [DVD]

 

『オシャレかわいいファンタジー』なジャケットと予告に騙されました。

とってもダークなファンタジーでした。

だってレンタル屋さんではあのハリーポッターの隣に並んでるんですよ!?

(ファンタジーだし50音順に並べているだけなので誰も悪くはないんですがw)

後でよくよく見たらPG12指定でした。

 

簡単に内容を書きますと・・

 

内戦により父を亡くした主人公の少女が、臨月くらいの妊娠経過があまりよくないお腹の大きな母と共に再婚相手となる新しい父の元に向かうが、この再婚相手が冷酷・極悪・非道・鬼畜野郎だった・・・

 

冒頭はそんな感じです。

 

観る人によってはラスト、主人公は救われたハッピーエンド、と解釈する方もいるようですが、私はそうは感じずひたすら残酷なストーリーだと思いました。

 

 

でこれ、あろうことか私は妊娠中に観てしまったんですよ。

内容を知っている方はお分かりかと思いますが、妊婦にとっては本当きっついです。

 

 

ストーリーを除けば、映像が芸術的で美しくて引き込まれる要素はあります。

何より特記すべき事項としては、主人公が訪れる迷宮の世界に現れるインパクトありすぎな魔物・ペイルマンでしょう。

 

きっも!!こっわ!!

 

とにかくビジュアルが強烈すぎて、案内役の妖精『パン』を食ってます。

(パンを食うに一人ツボる静かな夜・・・)

 

ダークファンタジー映画としてはかなり高く評価できる要素だと思います。

 

 

 

つづいて2作目。

 

ダンサー・イン・ザ・ダーク

 


ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]

 

言わずと知れた鬱映画の代表格。

 

映画としては本当に素晴らしい。

ミュージカル好きな私はめちゃくちゃ引き込まれた作品。

 

でもね、ストーリーが・・・

ひどい

ひどすぎる・・・

心えぐられます・・・

しばらく引きずります・・・

 

ビョークってのがまた救われない。

本当どんぴしゃキャスト。

 

これは当時映画館で観たんですが、あんなにたくさんの人々が泣く場面にこれ以前18年間これ以降18年間、私は出くわしたことは一度もありません。

 

映画館で泣く時って、一人静かにこっそりとハンカチで涙を拭いませんか?

なのになぜたくさんの人が泣いていたか分かるかって・・・?

 

そうです、いろんなところから皆さん堪えきれずに、すすり泣く音や鼻水すする音、嗚咽の音が聞こえてくるんですよ。

 

私も泣きました。

涙がまだ乾かないうちに映画館の外に出ると雪が降ってました・・・

あの時の体感温度は周囲の人それより5℃は差があったでしょう。

 

 

また観たい。でももう観たくない・・・

まさに観たいのに観たくない。

死ぬまでに1回は観ようと思います!

耐えられるメンタルの時にね!

 

 

 

お次は

 

リリイ・シュシュのすべて

 


リリイ・シュシュのすべて 通常版 [DVD]

 

当時、私世代のサブカル好き女子はもれなくチェックしていたであろう、岩井俊二監督作品。

 

『中二病』って伊集院光が言い出した言葉らしいけど、この映画観て思いついたのか?

というくらいマッチするワードです。

(実際には、現在一般的に使われる意味とはちょっと違ったニュアンスで言った、と伊集院さんはおっしゃってましたが)

 

 

田園風景がとても美しい。salyuの歌声・音楽が素晴らしい。

このロケ地出身の友人が言うには

『どこにでもある日本のド田舎のただの田んぼ』

だそうですよ。

岩井マジック炸裂ですね。

前に紹介した2作品もそうですが、大絶賛する人も多い作品です。

 

が、テーマが重い。

 

ラストもさらっと終わるけど衝撃的。

 

見どころがたくさんあるだけにまた観たい。でももう観たくない。

 

ダンサー・イン・ザ・ダークほどのトラウマ感はなくサントラは聴けますが・・

後味悪い一作です。

 

 

まとめ

 

今回の記事、観たことある方はけっこう共感していただけたんじゃないでしょうか?

私は映画など影響を受けやすい方なので、予備知識が全くない映画に関して今後は事前調査をしてから鑑賞します。

ネットって便利ですね♪

 

ではでは。

映画で世界の美女を観よう!その①

映画を観ていて、思わず見とれてしまうほどの美人さんっていますよね!

 

今回は私の主観で決めた、絶世の美女が出てくる映画を紹介していきます。

ちなみにシリーズ化を目論んでおりますw

 

映画を楽しみつつ目の保養もしちゃいましょう♪

 

 

 

 

 

まずはこちら

スラムドッグ$ミリオネア

 

 


スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

 

舞台はインド、製作はイギリス、ダニーボイル監督。

 

この映画のヒロイン役のフリーダ・ピントー

 

インド出身のモデルさんです。

めちゃくちゃ美人!

 

主人公のセリフで、

見たこともない絶世の美女

的な表現があるんですが、文句なし納得。

 

画像も調べてみたんですが、動いている方がより魅力的ですね。

 

そういえば昔通っていたインドカレー屋の店員にも美人さんいました。

スラっと長身、小顔、整ったお顔。

インドの美人さん、レベル高し。

 

こちら映画自体も面白いです。

まあハズすことはないでしょう、ダニーボイル監督。

エンタメ性が高く、テンポよく退屈せず、ラストは爽やか。

 

もしも美女の好みが私と違っても観て損はないでしょう♪

 

 

続いて

 

ザ・セル

 

 


ザ・セル デラックス版〈特別プレミアム版〉 [DVD]

 

2000年のアメリカ映画。

監督はインド出身のターセム・シン監督。

衣装デザインは日本の誇れるデザイナー石岡瑛子さんが手がけています。

 

主演は説明不要でしょう、J.Loことジェニファーロペス

 

衣装もメイクも映像も、圧巻。そしてそれに負けないJ.Lo・・・

もう、映える映える。

 

美しくて惚れ惚れです。

なんていうか最強。

 

もうあまり言葉が出ませんw観てくださいw

 

ただこの映画、ちょっと怖いシーンがあるので苦手な人は注意です。

雰囲気も奇妙と言うか・・・世界観がぶっ飛んでいるので万人受けする映画ではないと思います。

展開とかストーリーは親切で観やすいんですけどね。

エンタメ性と芸術性の共存。ハマる人はとてもハマると思う。

 

ターセム・シン監督はなんとこれが初監督作品。

最初っからすごいの作りましたねw

 

ちなみに私はこれ、高校時代に映画館で観たんですが怖いの苦手なので途中で映画館から逃げたかったですw

追われるシーン、映画館だと怖さ倍増で・・・

 

そしてどうでもいいんですが、一緒に観た友人と帰り道にJ.Loについて、

『綺麗な人って黒目がでかいよねー。』

と10代らしい会話をしたことを思い出しました。

この時代、まだ黒目を大きく見せるコンタクトレンズってなかったんですよね。

天然もの羨ましい!

 

 

日本からもいってみましょう!

サムライフィクション

 


SF サムライフィクション+ノンフィクション ~Collecter’s Edition~ [DVD]

 

有名ミュージックビデオなどの制作も手掛ける、映像作家の中野裕之監督作品。

MVと長編映画・・・日本ではあまりいないタイプですよね。

昨年2018年には製作期間8年のドキュメンタリー映画『ピース・ニッポン』が公開となり、映像の美しさで話題となりました。

 

が、今回の記事では美女の話をしましょうw

 

この監督が撮る女性、めちゃくちゃかわいく見える!

 

当時から私はこの現象を中野マジックと呼んでいますw

 

ってなんだか誤解を招いちゃいそうですが、

女優さんはもともと皆さん美人さんなんですよ!間違いなく。

でもよりかわいく見えるんです。

 

 

こちらの映画のヒロイン役は緒川たまきさん。

音楽家、演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの奥さんです。

 

もう・・・この映画の緒川たまきさんめっちゃ可愛い!! 

モノクロ画面なのに透き通るような透明感、美人な顔立ちなのに可愛らしい。

これは緒川さんを見るためだけにでも観てほしいw

 

映画自体も面白いです。

キャッチーでコメディ要素もあり、元気がもらえる映画。

 キャストも面白くて、吹越満・布袋寅泰・風間杜夫・谷啓・神戸浩・藤井フミヤ・夏木マリ・きたろうなどなど・・

皆さんいい味だしています。

 

 

 この中野監督ですが『SFシリーズ』として他にも2作撮っているのですが、

ステレオ・フューチャー

 


ステレオ・フューチャー [DVD]

 

こちらも緒川たまき・桃生亜希子・麻生久美子

美人が揃って出ています。

 

さすがにファッション、メイクに古さを感じますが、やはりかわいい。

ちなみにサムライフィクションの方が古い作品ですが、時代劇なのでその辺はあまり気になりません。

 

 

中野監督、8年にも渡るドキュメンタリー映画の製作、お疲れさまでした!

そしていつかまた、可愛い人出演の映画を撮ってください!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

私の好みと合う方はいらっしゃいますでしょうか。

今回、外国人ではエキゾチックな感じのお二人をあげてみました。

でもまだまだストライクゾーンは広いのよw

 

また次回お会いしましょう!

ではでは。

【感想&ネタばれあらすじ】レッド・タートル ある島の物語

昨日、マルが寝ている間に久々にDVDを鑑賞しました!

 

ゆったりコーヒーを飲みながら至福の時・・・ふぅー

 

観たのはこちら。

 

 


レッドタートル ある島の物語 [DVD]

 

 

レッドタートル ある島の物語

スタジオジブリ作品。

監督はマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットというオランダ出身の方です。

主に短編アニメーション映画を製作されていて、イラストレーターとしても活躍されているそうです。

アカデミー賞短編アニメ賞の受賞歴もあります。

こちらのレッドタートルに関しては2016年カンヌ国際映画祭のある視点部門特別賞を受賞しています。

 

本作は『外国人初監督作品』『大人のジブリ』などで話題を呼びました。

 

 

 

まずはネタばれありのあらすじを書いていきますね!

 

海難事故により一人の男が無人島に漂着する。

男は脱出を試みようと、島の木々を使ってイカダを作り、海に出る。

が、沖に出たとたんイカダは水中にいる何者かによって壊される。

(水中から水面のイカダに向けて何かが突進したかのような衝撃)

イカダを作り直し、再び海へ。

またしても沖でイカダは壊される。

三度目のチャレンジの際、沖で赤い大きなカメがイカダの前に現れる。

その直後、やはりイカダは何者かによって壊される。

 

男が島に戻ると先ほどの赤いカメが上陸してくる。

イカダを壊したのはあのカメだ!

怒った男はカメを裏返しにして身動きが取れない状態にしてしまう。

その後冷静になった男は、裏返っている状態から元に戻そうとしたり、海水をかけたりするも、カメはそのまま動かなくなってしまう・・・

疲れ切ったのか、男がカメの傍らで眠っていると、カメの方からピキっと音が。

見ると、カメのおなか側の甲羅にヒビが入っていて・・・

とても不思議なことに、甲羅だけを残しカメは人間の女性に変わっていた。

 

その後二人距離は少しづつ縮め、数年後には男の子の子供を設ける。

男の子は島で元気にたくましく育つ。

ある時島に流れ着いた空き瓶を見つけ、島の外に世界があることを知っていく。

 

男の子は青年となり、ある日島を出ていく決意をする。

父と母で見送りされ旅立つ青年。

島はまた二人だけになる。

 

月日は経ち、二人は老いていく。

弱った男の最後を看取る女性。

息を引き取ったその直後、女性は人間から元の赤いカメの姿に戻り、海に帰ってく。

 

 

あらすじはこんな感じ。

これ、けっこう詳細まで書いています。これ以外は津波が島を襲って海にいるカメが助けてくれることくらい。

 

つまりストーリーぎゅうぎゅうに詰まっている作品ってわけではないんですよね。

最近の長編アニメはお話が濃厚なものが多いですからね!他のジブリ作品もそうですが。

そのつもりで観ると、ちょっぴり物足りない感はありました。

 

やや長めの短編アニメだったな・・・

 

これがしっくりきますね!

 

 

でですね、これ何も知らずに観たらジブリとは誰も思わないんじゃないかな、という要素が。

 

 

まず絵。

 

人物がこんな感じ。目は点のみ。

 

f:id:NTYG009:20190409011812p:plain

(うまくかけた自信ありw) 

髭が伸びたこのころはもっと日焼けしてるんだけどね。

 

 

島の自然、背景などもジブリっぽくない感じがしました。

表現が難しいけど昔見た外国のアニメっぽいというか。

もっと昔の映画かな?と錯覚しそうになります。

でもやけに海は綺麗で・・・綺麗なんですけどわざとらしくなく主張しすぎず、好感が持てます。

 

そして、ジブリっぽくないところ、その2。

 

セリフがない。

 

叫ぶ声や音、音楽はありますが基本的に静かな作品です。

子供は飽きちゃいますね、きっと。

 

その辺がいつものジブリとは違う印象でした。

 

お話は分かりやすく、難しいことは何もないので、大人のジブリと言うよりはただ

『幼児向けじゃないジブリ

って感じかな。

 

たぶん小学校中学年くらいから、響く子には響くところがあると思います。

 

個人的に大人向けだと思うジブリは『風立ちぬ』ですね。

紅の豚』は子供も楽しめて大人にはより良さが分かる!

そんな感じでしょうか。

 

 

レッドタートルに話を戻します。

 

レッドタートルについて、ネットである憶測が飛び交っていました。

それは・・・

 

イカダを壊したのは誰だ!?

カメか、またはそうでないものか、、

 

といったもの。

これは私はカメが壊した、と解釈しました。

そう思った理由を

 

私の鑑賞中の心情+カメの心情(予想)

 

を絡めて書いていきますね。

 

 

最初、漂流男とカメ女性が恋仲になった際は

 

『惚れた男に出て行って欲しくなくてイカダを壊して出航の邪魔したのか??

ちょっと怖いぞ』

 

なんて感想をもってしまいました。

が、最後の男を看取ってカメに戻り海に帰っていくシーンを見て気持ちはコロっと変わりました。

 

『このカメ、最初から分かってたんだな。

男が手作りのイカダではどこにも辿り着けず死んでしまうことを。』

 

直感でそう感じました。

海よりも深いような、慈愛に満ちた寛大な愛・・・男女の愛を超えた人間愛すら超えて、いや種別をも超えた生物愛とでもいうんでしょうか。

 

とても大きくてあたたかい心に触れられるラスト。

少し寂しくも優しく清々しい気持ちになれました。

 

 

また、カメの気持ちとしては

 

『島の外は危険。

この島は泉もある、動植物もいて食べ物もあるし人間も生活ができる。

この人の最後まで寄り添うわ。』

 

こんな感じだったんじゃないのかな。

 

よほど年老いていない限り

カメの方が確実に長生きだしね!

 

 

また、いつから恋になったのか

この男の何に惹かれたのか・・・

 

それを言ったら野暮ですね。

恋ってしちゃうものですからww

 

 

 

そんな感じで、、

といった理由から私は

イカダはカメが壊したんだろうな

と推測しました。

 

まあこんな考察自体野暮なんですけどwww

 

 

でもこういった考察、自分なりにしてみるとなかなかおもしろいですよね。

人によって意見が違ったりして、そこもまたおもしろい。

もし公式で正解を発表して自分の予想などが違っていたとしても、自分が感じることを大切にしたいですよね。

 

 

さてさて

この映画、総評としては・・・

★★★★★★★☆☆☆

 

★7つ!

 

セリフなしで、ここまで人やカメの心情を直感的に伝えてくるのは凄い。

子供が旅立つ決意を二人に告げるシーンは

 

『僕はこの島を出ていく。』

 

そんなセリフが聞こえてくるかのようでした。

 

 

また、島の自然が自然。

美しく脚色していないところがいい。

 

『そのまま描きました!え?美しい?

それは海も植物も、元々美しいから。』

 

そんなこと誰も言ってないと思うけどw

そのくらい、気づかないくらい自然に描かれている。

 

美しいだけじゃない、自然の怖さもしっかりと描かれています。

 

 

そして

観終わったあとの心の清涼感がいい!

 

いつの間にか心洗われちゃった・・・

そんな感覚が心地いい映画でした。

 

 

不満をあげるとしたら最初に書いたように、長編アニメとして観るとちょっと物足りない感じ。

優秀なアニメ映画が多すぎるだけな気もしますが・・・

 

 

 

言葉多い、しゃべりまくりマシンガントーク、展開が次から次へ!

 

そんな映画疲れる、そんなの観る気分じゃない・・・って方。

またはそんな現実を送っている、現在人生ハチャメチャ展開ステージの方。

 

 

頑張っている皆さんにおすすめな一本です。

 

 

 

 

失恋した時に観たい映画3選

失恋で落ち込んだ女の子が、様々な出会いや経験を経て癒され再生されていく…

ありがちかもしれませんがそんなストーリーの映画が好きです。

前を向く主人公に観ているこちらも元気になれる。

 

ありがちなだけに良作!となるにはいろいろとセンスが必要なジャンルかなとも思います。

 

 

自分も失恋しちゃった時に何かしら気づきが得られるような、個人的におススメな3作を書いていきます。

 

 

 

 

まずはこちら

 

マイ・ブルーベリー・ナイツ

 


マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・プライス [DVD]

 
 
 
 
 
グラミーシンガーのノラ・ジョーンズが主演です。
 
 
 

 

この映画を観るまでノラ・ジョーンズってビジュアル的には↑このジャケットしか知らなくて、歌声から想像してたのは大人っぽい美人系な人だと勝手に思っていました。
が、実際映画の中で動く彼女は童顔系でかわいらしい感じ!意外でした!
 
相手役はジュード・ロウ
説明はいらない、かっこいい。ハ……いやいやいや、かっこいいからいいんです!!!
 
ストーリーとしてはまさに失恋から立ち直る、というそれだけなんですが、美しい映像にしっとりした雰囲気がオシャレで、観る人を静かに癒していく…
 
元気になる!
というより、ずーんと落ち込んだ夜にちょっと暗くした部屋のソファーで温かいもの飲みながら1人ゆっくり観たい…
そんな映画です。
 
公開当時映画館で観たんですが、その上映回では…
その頃付き合っていた彼氏以外全員女性でした!
うん、まあ確かに。男性はあまり選ばなそうな映画かもしれませんね…
 
ちなみに主人公が旅の途中で出会う、ちょっと派手で奔放な女性をナタリー・ポートマンが演じています。
優等生なイメージのナタリーの意外な役柄も注目です。相変わらず美人さん。
 
ちょうど今年2019年にスペシャルプライスで発売されてるみたいですね。
 
 
続いて2作め
 

はじまりのうた

 

はじまりのうた BEGIN AGAIN [DVD]
 
 
 
これ!これこれ!
めっちゃ好きです!個人的に全てがツボ。
 
監督は、
バンドマン・ベーシストだけどPVも作ってみたりして、お次は長編映画までも撮っちゃった!
(そんなノリかは分かりませんが…
ちょっと珍しい経歴の持ち主、アイルランドのジョン・カーニー監督。
 
男女の微妙な距離感を絶妙に表現するのがめちゃくちゃうまい!
そんな印象の監督です。
で、やっぱり音楽がいっぱい出てきます。
 
 
キーラってなんていうか、ハリウッド女優ぽくないんですよね。
ちょっと華奢でちょっとボーイッシュで、何となく控えめというか思慮深いというか…で可愛くて。
日本人が好きになる要素いっぱいあるんじゃないかな。
この映画ではシンガーソングライターの役で出演しています。歌も歌えるなんて、、完璧だわ…
 
1つめにおススメした、マイ・ブルーベリー・ナイツよりもエンタメ性があるというか、キャッチーで見やすく親切な感じでしょうか。
 

 

癒し再生、、というよりブラッシュアップ!な映画ですね。
 
個人的にすごく元気をもらった映画です。
音楽の枠だけに収まらないでいてくれてありがとう!ジョンカーニー監督!!
 
 
 
最後は、、
 

キューティ・ブロンド

 

キューティ・ブロンド (特別編) [AmazonDVDコレクション]
 
 
 
え、なんか、、
 
ブロンド、ピンク、キューティーって…
浅はかな感じしない??
 
映画好きさんからはこんな声が聞こえて来そうですが…
 
いやいや、浅くていいんです!
 
スーパーポジティブでがんばりやさんで前向きな主人公についつい観てるこちらもつられちゃう、そんな映画です。
アメリカーンで分かりやすい。
 
でも落ち込んじゃった時って普段は気にも留めないようなありふれた言葉が必要だったり心に響いたりしませんか?
 
系統を超えてみんなにおススメできる良作といえます。
ジャケ拒否しちゃってる方も騙されたと思って観てみてください!
 
ちなみにシリーズ化もされてますが私はこの1作目が好きです。
 
 
 
さてさて、いかがでしたか。
 
失恋って本当に辛いけど
 
今となってはあの時の辛さすら思い出せない…
 
いつかそんな日がきます。
 
自分の心を自分で癒していく、この記事がちょっとでもヒントになったら嬉しいです。
 
私が失恋した時に人生の先輩からかけていただいた言葉で締めくくりたいと思います。
 
『失恋は人を成長させるんだよ』
 
ではでは。