In My Life 映画ブログ

最近観た映画をネタバレありで紹介していきます

クセになる邦画ならではの空気感!!映画『セトウツミ』感想

映画1日1作品ブログ10日目

 

昨日は映画鑑賞をお休みして、ブログのメンテナンスやGW明けに行く旅行の計画をたてたり野暮用を済ませた。

いや、まだ済んでないんだけど。眠らなくていい体がほしい・・・

 

 

今日の一本はこちら

f:id:NTYG009:20190429203557j:plain

 

セトウツミ

 

 

解説

 

池松壮亮と菅田将暉のダブル主演で、此元和津也の人気漫画「セトウツミ」を実写映画化。原作は、関西弁の男子高校生2人が放課後にまったりとしゃべるだけというシンプルな内容で、2人の繰り広げるシニカルな会話劇の面白さで人気のコミック。「まほろ駅前多田便利軒」「さよなら渓谷」の大森立嗣監督がメガホンをとり、塾通いの日々を送るクールな内海を池松が、天然で元サッカー部員の瀬戸を菅田が演じる。その他、ヒロインの女子高生・樫村役に「ライチ☆光クラブ」などに出演するモデルの中条あやみが扮している。映画.comより抜粋

 

トピック

大森南朋の実兄である大森立嗣監督。父は俳優、演出家の麿赤児。

今作公開後、別キャストでドラマ化もされ話題を呼んだ。

映画版のロケ地は大阪府堺市。

 

感想

 

★★★☆☆

 

おもしろい、これ好きです。

二人の会話、漂う空気感がクセになりそう。

 

系統も性格も全く違う二人。

制服の着こなし方とか、細部にわたってしっかりとキャラ作りされている。

 

簡単そうで難しい役に感じるが、主演二人とも好演している。

自然な会話、絶妙な間。

これ、下手な役者さんがやったらとんでもなくつまらないものになっていたと思う。

この大森監督の作品は私好みの役者がよく出てくる。

 

中盤以降ちょっとしんみりが多くなってしまったのが残念。

そして、おもしろかった事には間違いはないのだが、ひたすら地味でもあるので映画館で観ようと思う作品ではない。

 

原作は読みたい漫画リストに加えときました!

 

Amazonプライムビデオ 無料体験でセトウツミを観る

 

 

見どころ

 

セトとウツミの絶妙な距離感。

主演二人のさりげなく光る演技力。

キャラが立ちまくっている脇役たち。

 

こんな人におススメ!

 

気張らず観たい人。

まったりしたい人。

日常系ストーリーが好きな人。

 言葉遊びや間を楽しむような笑いが好きな人。

 

イメージワード

 ほっこり・笑える・日常感・現実的


セトウツミ 豪華版 [DVD]