In My Life 映画ブログ

最近観た映画をネタバレありで紹介していきます

ヒットした打撃数108発!!(適当)『ディストラクション・ベイビーズ』感想・評価

映画1日1作品ブログ14日目

 

今日の一本。とある映画サイトにて傑作と紹介されていたこちら。

 

f:id:NTYG009:20190503213558j:plain


ディストラクション・ベイビーズ

 

 

解説

柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎ら若手実力派キャストが集結し、愛媛県松山市を舞台に若者たちの欲望と狂気を描いた青春群像劇。「イエローキッド」「NINIFUNI」などで世界的注目を集める新鋭・真利子哲也監督が商業映画デビューを果たし、「桐島、部活やめるってよ」の喜安浩平が共同脚本を担当。愛媛の小さな港町・三津浜の造船所で暮らす泰良と弟の将太。いつもケンカばかりしている泰良は、ある日突然、町から姿を消し、松山の中心街で強そうな相手を見つけてはケンカを売るようになる。そんなある日、裕也という青年から声を掛けられた泰良は、裕也と一緒に通行人に無差別に暴行を加え、車を強奪。その車に乗りあわせていた少女・那奈も巻き込んで松山市外へと向かう。映画.comより

 

トピック

漫画からドラマ化された『宮本から君へ』同監督が監督・脚本を務めた。

同作の映画版が2019年秋に公開予定。

 

感想

 

☆☆☆☆☆

『今夜、ロマンス劇場で』の主人公のセリフで

”どんな映画にもいいところがある”

というものがあった。

主人公の映画愛に溢れたこの言葉。共感し感動した。

 こちらの作品は・・・・

うん、 頑張って書こう。

 

 

こちらの作品はストーリーはほぼない。

暴力シーンに出くわした町の人々。何もせず立ち見したり、動画を撮ってSNSにアップしたり、それを見て楽しんだりふざけたり。

現代社会を皮肉っているのか?

そんなことを感じたのもつかの間、

それより何よりまず暴力暴力。

とくかく暴力。道行く人、女子にも主婦にも暴力暴力。

これは別に社会派でもなんでもないと気づく。

 

私の心は・・・

まあまあまともそうな主人公弟役の村上虹郎。

前にテレビで見たぞ、ムラジュンこと村上淳とUAのお子さんだよね。

どちらにも似ているんだなー。ややUAよりかな?

そんなことに気がそれていく。

ちなみに芸能人に疎い私は、北村匠海を東出昌大だと思い込み最後まで見ていた。

”さすがに夏休みの中学生男子みたいな服装は厳しいだろー”

とか思ってしまっていた・・・

けっこう似てない??

 

で、えーと、いいところいいところ・・・

若手俳優陣の名演技が見られること!

これだろう。

確かに”衝撃作”ってことは間違いないだろう。

が、もしプライベートでこちらを観ようか迷っている友人がいたら私は迷わずこう言うだろう。

つまらない、時間がもったいないから見ない方がいい、と。

(書いちゃったけどね・・・)

 

私には全く合わなかったがこれを傑作と思う人もいる。

感性、本当に人それぞれ。そんな気付きが得られた、個人的な収穫としよう。

それにしても観終わった後の我が子の寝顔は天使すぎた

 

Amazonプライムビデオでディストラクション・ベイビーズを観る

 

見どころ

 

菅田将暉が演じる裕也のクズっぷり。

果てしなくダサくうるさい。最後の最後までダサい。

迫真の演技に拍手したい。

セリフがほぼなく難しい役を演じた、主人公役の柳楽優弥の怪演。

表情だけで分かる、イカレっぷりがすごい。

 


ディストラクション・ベイビーズ 特別版(2枚組)[DVD]

こんな人におススメ!

 

バイオレンスものこそ映画!という人。

イメージワード

暴力的