In My Life 映画ブログ

最近観た映画をネタバレありで紹介していきます

ゆったり流れるうちな~たいむ『島々清しゃ』感想・評価

映画1日1作品ブログ15日目

 

昨日観たものの記事が書けず持ち越してしまった・・・

そして今日も今日観た分は書けなさそうだ・・・

子供の夜泣きって何歳で終わるんだ・・・・・!!!


f:id:NTYG009:20190505222950j:plain

島々清しゃ

(しまじまかいしゃ)

 

解説

故新藤兼人監督の孫でもある映画監督の新藤風が、「転がれ!たま子」(2006)以来、約11年ぶりにメガホンをとった長編監督作。沖縄・慶良間諸島を舞台に、音楽によって結ばれる人と人の絆を、子役の伊東蒼と「百円の恋」の安藤サクラの主演で描いた。耳が良すぎるために少しの音のズレも気になり、そのせいで変わり者扱いされている少女うみは、コンサートのために東京から沖縄へやってきたバイオリニストの祐子と出会う。それをきっかけに吹奏楽部に参加することになったうみは、周囲との関係がうまくいかないがために頑なに閉ざしていた自分自身を、少しずつ解放していく。少女うみ役を、宮沢りえ主演の「湯を沸かすほどの熱い愛」にも出演した伊東が演じ、祐子役を安藤が務める。タイトルは、島々の清らかで美しい佇まいを歌い上げた普久原恒勇の沖縄民謡「島々清しゃ」からとられた。映画.comより

 

トピック

●脚本・音楽監督を『ナビィの恋』『ホテルハイビスカス』で音楽監督を担当し、毎日映画コンクールで音楽賞を受賞した磯田健一郎が務めている。

 

●海外からも評価される現代沖縄民謡の重鎮、金城実が主人公の祖父役を演じ、三線の弾き語りを披露している。

 

Amazonプライムビデオで島々清しゃを観る

感想

 

★★★☆☆

慶良間と言えばダイビング。地形を楽しむなら慶良間!

スキューバダイバーならそう答えるだろう。

が、今回は陸でのお話。

 

ゆったりと流れる沖縄の日常。

日常に少しだけいつもと違う風が吹いた、そんな映画だった。

 

旅行でしか行ったことない私は、多少の異国感と抜群の南国感が味わえる沖縄は住みたいほど好きなところなんだけど、観光でちょっと訪れただけでは見えない(どの土地でも何かしらあるだろうけれど)問題をいろいろと抱えている。

 

こちらの作品はそういった問題自体はやんわりと出てくるだけだが、それを背景に生きる沖縄の人たちの日常を見せてくれる。

 

また、自然をやたら美しく見せようとしたり、脚本や演出を盛ったり気取ったりしない作風に親しみやすさと好感を覚える。

登場人物もみんな、ちょっとダメな部分があって葛藤したり悩んだり頑張って生きている親しみが持てる人ばかり。

切なくもじんわりとした感動が胸を包む作品だった。

 

 

安藤サクラが今回はバイオリンに挑戦している。

ボクサーからバイオリニスト。

両極なイメージだけど、こちらも見事にハマっている。

自然体なのに存在感があるなぁ。

 

とても個人的な話だけど、渋川清彦がモデルのKEEと同一人物だってことを今作鑑賞後に知る。(正確にはだいぶ前にうっすら聞いたことがあったかも??でもすっかり忘れていてやっと思い出した、なんだけど。)

若いころからから渋くて、青春時代はけっこう好きだったKEE。

渋川清彦だったのかぁぁあ・・・

いやあのですね・・・

何年か前にアニメ・ワンピースの『フィルムゴールド』の前日譚、『ハートオブゴールド』ってのをテレビで見ていて、ゲスト声優の演技が本当に酷くて見るのをやめたんだよね。プロの声優の偉大さを知った瞬間だった。

そのゲスト声優のうちの一人が渋川さんだったんだよね。

でもこの島々清しゃではとても自然な演技をされていて、サックス吹く姿とかめっちゃかっこよくて、演技が下手な印象は微塵もなかった。

で、ちょっと調べてみた。

判明した!

演じ方がちょっと特殊と言いますか、独特というか・・

どうやらこの方、役に染まらない、基本的に地で出演しているそうだ。

(もちろん、現在調べたものなので今後は変わるかもしれないけど)

立っているだけでもすごく雰囲気のある人だからね。

いろんな監督がこぞって使いたがる今大人気の役者、とのことだ。

地でそれってすごい。

だからアニメの声優とかは・・・

あの風貌、オーラを取り除いちゃダメなんだろうな、と。

そう思いましたとさ。納得!

 

 タイトルになっている『島々清しゃ』は作中で度々歌われている。

”慶良間の島々の美しさ、美しい暮らしを歌っている曲”

とおじい役の金城実のセリフがあった。

歌詞を載せておこう。

↓こちらはネーネーズとしての掲載だけど、夏川りみも歌ってるんだね。

島々清しゃの歌詞はこちら

 

 

見どころ

 

安藤サクラのバイオリンと渋川清彦のサックスのセッション。

ところどころで流れてくる沖縄音楽。

 


島々清しゃ [DVD]

こんな人におススメ!

 

三線の音に癒されたい人。

沖縄音楽が聴きたい人。