雑学・豆知識

【500円玉貯金箱開封~使い道】塵が積もって旅行資金に・・!

ブタの貯金箱

2017年4月から約2年・・・
細々と続けていた500円玉貯金ですが、かなり貯まってきたので昨日開けてみました。

うっかり開封するところを写真に納めることを忘れてしまい、数え終わった後の画像のみですが・・・

綺麗に並んだ500円玉
98,500円なり~

500円貯金で約10万円
がんばって貯めた感なし!


98,500円・・我が家にとってはけっこう大金ですが、頑張って貯めた感覚はなく、
『500円玉のお釣りがきたから入れとくかー』
という感じで細々とやったのに・・
2年で10万弱・・・

チリツモばんざい!!

計算せず何気に貯まったラッキー感覚が500円玉貯金の醍醐味だとは思うんですが・・・
試しに計算すると2年間で10万円貯めるには、月4,200円弱ずつ。
こう聞くと割と簡単にできそうですよね!

ま、家計簿をつけてるのでなんとなーくは貯金額の動きは把握できているんですが(笑)
それでもボーナスみたいな特別感&嬉しさはあります♪
皆さんもゆるーくはじめてみてはいかがでしょうか。

大量の硬貨は銀行の窓口で簡単に計数・預け入れができる
※追記あり!

銀行の窓口のイラスト

この197枚の500円玉ですが、銀行の窓口で持っている口座に簡単に預け入れができてとても便利でした。

以前、大量の硬貨を預け入れる際にATMを使ったんですが、ATMでの硬貨の計上は結構時間がかかるんですよね、一度に投入できる枚数も決まっているので小分けにしないといけないし・・・
混んでい時だったので気まずかったです。

小銭を大量に扱う場合は窓口に行くのが正解ですね。

※2022年2月追記!
近年どこの銀行でも両替手数料がシビアになってきました。
この記事を書いた頃は我が家の近くの銀行では200枚弱の硬貨両替は手数料無料でした。
が、現在は100枚以上の硬貨両替から手数料がかかるように変わりました。

さらに気をつけなければならないのは硬貨の計数だけで手数料がかかるということ。
硬貨を機械で数えた後に”手数料がかかるならやめる”ってことができないんですね。

現在我が家では500円玉のみで5万円貯まる前に(または日を分けて)口座に預け入れるようにしています。

銀行により枚数や手数料は違うのでご注意ください。

追記以上


スポンサードサーチ

500円貯金の使い道は・・


そしてそして、
我が家の500円玉貯金の使い道は・・・

旅行!!

(タイトルに書いてあるけどね)

やった!!久々の飛行機だ!!
と言っても国内ですが、来月(2019年5月)友達がいる『喜界島』に行ってきます!
どこそれ!?
って感じでしょうか(笑)

鹿児島県の離島で私も行ったことありません。初上陸!
旅行レポートもこちらで書く予定ですのでお楽しみに。
→書きました!
旅行記はこのページの下の方にリンクがありますのでご興味があればぜひ♪

10万円貯まる本があるらしい


レビューの評価が良かったので紹介します。
貯金箱ならぬ『貯金本』

世界各地のスポットに500円玉をはめ込んでいきすごろくのように進んでいきます。
10万貯まる頃は世界一周が完了!
なかなかユニークですね。


↓日本一周版もあります。


↓名言・格言バージョンもあり。

スポンサードサーチ

まとめ


地味な存在ですがコツコツと続け貯まると達成感が得られる500円玉貯金。
旅行の計画を立てつつ、今日からまた新しい貯金箱で貯金をはじめていこうと思います!

次はどこに行こうかな~♪

喜界島旅行記はこちら
奄美大島も行きました

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。