なつやぎブログ

映画やアニメの感想・考察、旅行記や子育て情報など書いています。

考察 テレビアニメ『カイバ』まとめ記事 第3話”クロニコのながぐつ”

カイバまとめ記事3話めです。

こちらはすでに視聴している方向けの記事です。ネタバレあります。

解釈のヒントにどうぞ!

 

1話と2話の記事はこちら。

考察 テレビアニメ『カイバ』まとめ記事 第1話”名はワープ”

考察 テレビアニメ『カイバ』まとめ記事 第2話”密航”

 

 

 

 

 

 

詳しいストーリー・解説

 

第3話クロニコのながぐつ

 

f:id:NTYG009:20190804111753j:plain

 

 

惑星トト到着 クロニコとの出会い

 

カイバとひょーひょーを乗せた脱出ポッドは”トト”という惑星に着陸します。

前回、惑星ララで起こった一想団による記憶タンク爆破事件が、この星トトでも起こったことをニュースは伝えています。

 

脱出元の宇宙船もすぐに後に続きトトに着陸します。

追手から逃げ身をひそめるカイバの前に少女・クロニコが現われ、かくまってくれます。

 

f:id:NTYG009:20190804134306j:plain

 

カイバのお腹の傷を見て、優しいクロニコはカイバを助けてあげる、と言います。

 

クロニコ『私、この体でいられるの、今日が最後なの。だから今日だけは私の思い通りに生きてみたいんだ』

 

クロニコはカイバとひょーひょーを追手が来ない、安全な場所に連れて行ってくれます。

 

f:id:NTYG009:20190804134335j:plain

 

 

クロニコ『私、いつもここにきて空を見上げているの。そうすると、辛いことや苦しいことがみんななぜだか流れていく。

そしていつかは、私もお金を貯めてこの星を出て自由になれるって・・』

 

クロニコは”シャボ売り”です。この貧しい星では子供も物売りをして家計の足しにしています。

そしてクロニコは自分の体が売れることになった、とカイバに話します。

上流層のお金持ちがクロニコの体を高値で購入することが決まった、と嬉しそうにいいます。

貧しい家族を救うため、クロニコの体は売られていくのです。家族のためなら何でもする、というクロニコ。

 

クロニコ『お母さんも家族のために、音楽や書物の記憶も売ったの。また、買い戻してくれるといなぁ・・』

 

クロニコは履いている長靴をカイバに見せながら言います。

 

クロニコ『お金もないのに、私のために買ってくれたの。でもなぜだか、それ以上昔のことは思い出せない・・変だな・・』

 

クロニコ『体はなくなってしまうけど、死ぬわけじゃないし、記憶チップは家に戻る。いつかは私の新しい体も買ってもらって・・それで生まれ変われるわ。』

 

f:id:NTYG009:20190804134358j:plain


 

 

 

 

 

記憶を操作されていたクロニコ 

 

f:id:NTYG009:20190804134547j:plain

 

翌日、研究室のような一室で記憶を抜く処置を施されるクロニコ。

記憶を抜かれる直前に、いかにも悪そうな風貌の闇記憶操作者が言います。

 

闇記憶屋『悪く思わないでね。君が考えを途中で変えたりしないよう、ちょっと記憶を操作していたことを許してほしい。もう二度と君の記憶は家に帰ることはない。』

 

 クロニコから取り出された記憶の卵は宙へと虚しく流れていくのでした・・

 

 

 

 

捨てられたクロニコの体

 

闇体売りの下っ端はクロニコのボディを予想より価値がないと判断し、運賃削減のためにゴミ置き場に放置していくことを提案します。

 

その一部始終を目撃したカイバ。もぬけの殻のクロニコのボディに近づきます。

宇宙船の乗っていた際に盗んだホーレイトーでクロニコの記憶を移しだそうとしますが、中は真っ暗

カイバは怒りをあらわにします。

 

 

 

 

カイバの記憶inクロニコボディ

 

追ってきたバニラに見つかってしまったカイバとひょーひょー。

バニラを撒いた隙に、ひょーひょーがカバのボディからカイバの記憶を抜き、クロニコのボディへ挿入し、体を乗り換えます

(カバのボディは小さなチップとなります。

すごいなぁ・・持ち運び便利!)

 

そこへ再びバニラ登場。クロニコとなったカイバを見つけ・・・

一目惚れします。

前回のダッチワイフの伏線はこれでした。

 

 

f:id:NTYG009:20190804134623j:plain

 

 

 

 

 

クロニコの育った家にて

 

大量のごちそうが並ぶ食卓。

クロニコの育ての母・ネギがぶつぶつ文句を言っています。

ネギの両腕は厳つい金属の義手です。

 

ネギ『はあーあ、本当せいせいした。やっとこれでまともに暮らせるわ。

なんで私が面倒見なきゃいけないの。元々は姉さんの子よ。もうこれ以上は無理。いくら私でも自分の子を犠牲にしてまで面倒なんて見ていられないわ。』

 

クロニコは実母を亡くし、妹であるネギに引き取られていたのでした

そしてネギの実子2人と貧しい暮らしを送っていました。

 

ネギ『これでやっと取り戻せる。あの人が亡くなってから、散々だったんだから。』 

 

 

クロニコを売ったお金で、豪華な食事を子供に与え、自分が過去に売った楽しかった記憶を取り戻したネギ

ネギは自分の記憶チップに買い戻した記憶を注入します。

 

クロニコの体に入ったカイバは、家の外でこっそりネギのこの言葉を聞いていました。

 

そしてみんな寝静まった頃、こっそり家に忍び込み、ホーレイトーで眠っているネギの記憶を覗くのでした。そこでカイバが見たものは・・・

 

 

 

 

ネギの過去

 

カイバが侵入したネギの記憶の中は、買い戻した記憶が徐々に戻っていくところです。

 

ネギは貧しさからリスクの高い危険な仕事をします。

そして労働中の事故により、腕を失います。これであの義手になるわけですね・・

 

いつも裸足で過ごすクロニコに長靴をプレゼントするネギ。

家計を考えるとかなりの出費だったでしょう・・

クロニコは嬉しそうに長靴を抱き締めます。

 

クロニコ『ありがとう・・ママ・・』

 

f:id:NTYG009:20190804134717j:plain

 

その後、不幸にも夫を亡くしてしまい、一家は更に貧困に追い込まれます。

過酷な労働に加え、記憶まで売りに出すことに・・

これがクロニコが言っていた、『書物や音楽の記憶』だったんですね。

 

 

楽しい記憶を手放したネギはだんだんと人格が変わっていってしまうのでした。

その楽しい記憶とは・・・・

 

 

 

 

 

救世主!?バニラ

 

ここで場面は一旦カイバに戻ります。

ひっぱりますねぇ・・

 

ネギの記憶を覗いたカイバinクロニコボディは茫然とし夜の街を歩きます。

そこへ、昼間クロニコのボディを捨てた体の密売屋がクロニコのボディを狙って襲ってきます。

”いったん捨てたものの売りに成功した”みたいです・・なんて身勝手な・・

 

密売屋の親玉『いいわ、もう轢いちゃって。部品はあとで取り換えるから・・』

 

なんて恐ろしい世界なんだ・・

 

一巻の終わりかと思われたその時、巨大なカーバイルを持ったバニラが現われ、クロニコ(中身はカイバ)を助けてくれるのでした。

巨大カーバイルで撃たれた密売屋たちは乗り物ごと溶けて液体となってしまいました・・

 

バニラ『君の体、狙ってやがったんだ。だけどもう大丈夫。俺が来たから安心だ!僕が送ってくよ!(ウィンク)』

 

バニラ、なんでもします、恋してますから。

 

 

 

 

後をつけてくるバニラ

 

カイバを助けたあと、バニラはしつこく後をついてきます。

『この星トトはオリジナルボディの売り買い拠点であり、かわいいクロニコは狙われてしまうから危ない』と。

 

バニラ『叶うなら、僕が君を他の星に連れて行きたいくらいだ』

 

カイバ『じゃあ私を船に乗せてくれる?』

 

誘いをOKしてもらえたと勘違いし、浮かれるバニラ。

カイバとしては本当のボディを取り戻さなきゃいけないから船に戻りたいだけなんだけど・・

まあうざいけどラッキー、ってとこでしょうか。

 

 

 

 

ネギが取り戻した記憶とは・・

 

ネギの家に場面は戻ります。

少しずつ記憶を取り戻してきたネギは夜中に起き、荷物置きとなってしまっていたピアノを弾き始めます。

楽しそうにピアノを弾くネギ。

きっと元々はピアノが大好きだったんでしょうね。

そこで失っていた記憶が一気に戻ります

 

クロニコに買ってあげた長靴。嬉しそうなクロニコ。

義手となった体を労わってくれる優しい夫。

ピアノを囲んで楽しそうに演奏する、姉とクロニコとネギの三人・・・

貧しくも幸せだった日々・・

 

f:id:NTYG009:20190804142142j:plain

 

 

酷い継母だと思われたネギは、クロニコにとっても本当はいい母親だったのです。

本当は実子もクロニコも、分け隔てなく愛していました。

姉のことも本当は大好きだったのです。

貧しさから、書物や音楽、楽しい記憶を売ってしまい、クロニコへの愛も忘れてしまった。

 

そしてそのクロニコを売って得たお金で、自分の記憶を買い戻しました

 

記憶を取り戻し打ちひしがれ号泣するネギ。

切なすぎます・・

 

 

宇宙船にカイバとひょーひょー、バニラが乗りトトを離れ、第3話は終わります。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

この3話、カイバファンの間でも神回として挙げる人が多い完成度の高いお話です。

やりきれない切なさでいっぱいになります。書いていても鼻水が止まりません

 

また、ネギーがピアノで弾く曲『the tree song』は、この後の回でも挿入歌として度々使われ、この回の切なさは何度もフラッシュバックされます。

これがまた流れるタイミングが絶妙なんですよね・・・

 


Kaiba OST - The Tree Song

 

 

再び宇宙船へ乗り込んだカイバinクロニコボディはカイバのボディを取り戻せるのか・・また、バニラの恋の行方は・・

また次回!

 

4話の記事はこちら。

考察 テレビアニメ『カイバ』まとめ記事 第4話”ばあさんの記憶の部屋”

 

カイバはdアニメストアで視聴できます↓

 

 

31日間無料!【dアニメストア】 2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】