なつやぎブログ

映画やアニメの感想・子連れ旅行記や健康情報など書いています

【価格高騰中!?Switchを安く買うには?】Switch旧型・新型の違いはバッテリーのみ?コントローラーの壊れやすさは?Switch Liteについても比較してみました

この記事では・・

2017年に発売された初代・旧型のSwitchと2019年に発売された新型、バッテリーが長くなったモデルのSwitchの違いが書かれています。

さらにSwitch Liteについても。

 

そして追記で・・

新型コロナウィルスの影響によるスイッチの価格高騰について触れています。

 

 

 

 

 

 

新型(2019年8月発売)Switchと旧型Switchの違い

 

新型は旧型よりバッテリーの持続時間が長くなりました。

旧型・・2.5~6.5時間

新型・・4.5~9時間

 

持ち運んで遊ぶ機会が多い人にとっては大きな差ですね。

 

任天堂の公式的にはバッテリーだけの違い、との発表ですが・・

そもそもバッテリーの持続時間が長くなった、ということはどういうことか?

ちょっと調べてみました。

 

するとどうやら、バッテリー容量はそのままで持続時間のみが長くなっているそうなんです。これをよく調べてみると・・

 

基盤自体が新しい製品に変更されたことでバッテリーの性能が格段によくなり、

消費電力が抑えられる

本体の発熱が抑えられる

周辺パーツへの好影響、などなど・・

長い目で見たら耐久性などにも影響もあるでしょうね。

 

ってまあ当たり前のことかもしれませんが、機械オンチな私としては知識の幅が広がったできごとだったので書いてみました。

 

そんなわけで我が家では新型Switchの方を発売日に購入しました。

 

 旧型は3000円クーポン付きで販売されています

 

旧型、新型、どちらも同じ価格です。(税抜¥29,980)

ただし旧型の方は購入後、ゲームのダウンロードなどに使える3000円分のクーポン付きで販売されています。

 

パッケージの違いが目印

 

新型は赤いパッケージが目印です。

 

こちらは旧型

 

 

こちらが新型

 

 

 

 

コントローラーが壊れやすい!?新型でも改善されていない?

 

スイッチは『コントローラーが壊れやすい』との声をよく耳にします。

特にコントローラーJoy-conのスティック部分が誤作動を起こすことが頻繁に報告されている模様・・

 

自分で直す、修理キットも販売されています。

 

 

 

『旧型新型の違いはバッテリーの持続時間の違いだけ。』

公式ではこう言っていますが、実は密かにコントローラーも改善されているんじゃないか??

と考えています。

 

ちなみに我が家のスイッチのコントローラーはまだ元気です・・

って当たり前か。まだ買って数日ですからね。

変化等あればこっそり追記していきます。

 

追記

 

Joy-conに関してAmazonの商品ページにて以下のようなレビューがありました。

 

すでに新型を入手した海外レビュワー達がチェックしたところ、新型は以下のように色々メリットがあります。

・新型は既報の通りバッテリーの持続時間が大幅に向上。ゲームによっては二倍以上もつように。
・switchユーザーが長年悩まされてきたジョイコンのスティック故障の繰り返し(修理代も送料あわせると結構する)が、どうやら新型ではスティックの根元のパーツが変更され、多少壊れにくくなったよう(新型の分解で判明)
・一部のゲームはフレームレートが向上している

switchのジョイコンはスティックが短期間で壊れるので有名でしたが、その原因はスティックこすれによる粉が原因ではなく、「スティックの根元の読み取りユニットが短期間で壊れて読み取りエラーを起こすようになる」と解説している海外サイトが結構あり、今回の新型でのユニット変更でその故障しやすさは多少改善された可能性があります。

 

一部抜粋しています。

壊れやすかったJoy-conの改善を決定づけるようなレビューですね。

詳しく読みたい方は↓こちらからどうぞ。

クーポンにつられて買った人は悲惨すぎる

 

どこまで信ぴょう性があるかは分かりませんが・・

とりあえず我が家の新型のJoy-conはまだまだ元気です。

 

 

Switchが価格高騰中!

 

2020/3/21※追記

 

現在新型コロナウィルスの影響で生産が追いつかず、Switchの価格が高騰化しています。周辺機器など必要なパーツが揃わないもよう。

品薄による高騰化でしばらくは価格が不安定なようです。

 

 

任天堂Switchを安く買うには・・??


Switchの価格が不安定!

Amazon、楽天、Yahooショッピングなど大手ではどこも同じような価格帯で設定しています。(だいたい4万円台半ば)

ビックカメラなどの家電量販店では在庫がないですね。

中古品を扱うショップでも、中古が新品くらいの値段かそれ以上で販売されています。

 

海外サイトで『Teco Buy』という通販サイトがあり、比較的低価格で販売されています(新品で¥37,600)が、最近できた会社なのかあまり評判がよくなく信頼度は低めです。
(Teco BuyをPC検索したらそれ以降たびたびウィンドウに広告が表示されるようになったので検索する場合はご注意を・・!)

 

 

Switchを入手するには・・

 

①大手ショッピングサイトで購入

ちょっと高めでも新品を安心して買いたい人はやはりこの選択でしょう。

Amazonでは初月無料のAmazonプライムになるとポイントがつくショップ・商品もあります。

楽天でも楽天ポイント、YahooショッピングならTポイントがつきます。

このポイントなど考慮して値段はちょっと妥協して安心して新品を買う・・という感じですね。

Amazonプライムを試してみる!

 

またショッピングサイトは価格の変動が多少あるので、タイミングによっては安めになることも。それぞれのサイトをこまめにのぞいてみるといいですね。

 

 

 

②中古を探す!

駿河屋などの通販サイトで中古品が出ています。

新品の定価を考えるとやはり割高ですが、国内に複数実店舗があり信頼性は十分にある会社です。

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋 新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

 

ちょっとレアな限定版などがあるのが中古品の魅力でもありますね。

先ほど書きましたが、中古品が新品くらいの定価で出ています。

 

 

③安定の安め価格設定は『Teco Buy』

2020年3月21日現在¥37,600で新型スイッチが販売されています。

先ほども書きましたが口コミなど評判があまりよくありません。安め価格ですがリスクもあるでしょう。

 

④Switchライトで代用

Switchの携帯版、スイッチライト。

こちらは価格は定価のままなので、(カラーによってはむしろちょっと安い

今はSwitchは控えこちらの購入を検討してみてもいいかもしれません。

 

 

 

Switchライトのメリットデメリットは下記にて!↓

 

 
 

 

 

Switch Liteとは?

 

発売日2019年9月20日。価格税抜¥19,980

 

 

 

携帯ゲーム機、スイッチライト。

Switchはテレビ画面でも映せますが、スイッチライトは持ち運び専用です。

旧型スイッチを小型化軽量化させ、携帯用に特化されたものです。

 

それからSwitchはコントローラーの取り外しができますがSwitchライトは本体とコントローラーが一体型です。

 

バッテリー持続時間は3~7時間。

新型(4.5~9時間)には劣りますが、旧型(2.5~6.5時間)よりも長くなっています。

 

口コミなど確認してみるとコントローラーの壊れやすさは問題ない様子。

Switchライトは新型Switchと一緒でコントローラーは改善されたバージョンだと思われます!

 

 

Liteのいいところ、う~ん・・なポイントをまとめてみます

  

Switch Liteのいいところ

・安い、軽い、十字キー(Switchは分離ボタンです)

 

実際 にスイッチを持ったことがある方は分かると思いますが、スイッチのディスプレイってけっこう重いんですよね。(DSとは比べ物にならないくらい)

携帯モードで遊ぶと手~腕にけっこうな負担がかかります

この軽さはかなり魅力的かと思います。

 

 

懸念ポイント

・コントローラーが壊れただけでも本体ごと修理に出さねばならない

・ネットは無線接続のみ、明るさ自動調整がない(この辺は3DS等と同じ)

・コントローラーを外して遊ぶゲームはできない(ほんの一部)

 

と、多少のデメリットもありますが値段を考えたらとても優秀なゲーム機かと思います!

 

 

 

携帯するなら欲しい、液晶保護フィルム。

 

 

 

 

まとめ

 

ゲーム機もちゃくちゃくと進化していきますね~

がんばってついていかなきゃ。

今日は珍しく娘が遅寝しているので今のうちにゼルダします。

 

それではまた。

www.ntyg009.com

www.ntyg009.com