アニメ

【有頂天家族2まとめ①】名言・舞台や小ネタ・感想をまとめます・二代目って何者なの??

南座の上で風神雷神の扇をかまえる赤玉先生とむかえる二代目

【有頂天家族まとめ】では有頂天家族の第一部をまとめてきました。

ここからは第二部・小説では『有頂天家族 二代目の帰朝』、
アニメでは『有頂天家族2』の名言や感想・舞台になった場所や小ネタをまとめていきます!

↓第一部の記事はこちら
有頂天家族まとめ①
有頂天家族まとめ②
有頂天家族まとめ③
有頂天家族まとめ④
有頂天家族まとめ⑤
有頂天家族まとめ⑥

有頂天家族2の登場人物


有頂天家族2・続編から登場するキャラクター紹介です。

狸界

2から新たに登場する狸は玉瀾・呉一郎・狸谷の祖母・星瀾の4人です。

有頂天家族の南禅寺玉瀾

南禅寺玉瀾

下鴨家と親交のある南禅寺の頭領の妹
下鴨4兄弟とも親しく、特に矢一郎は幼馴染であり恋仲になる

幼い頃より将棋一筋
清楚で柔らかい雰囲気だけど意外と頑固な一面も
(声:日笠陽子)

有頂天家族の夷川呉一郎

夷川呉一郎

夷川家の長男
父・早雲とは反りが合わず家を出ていた
弟たち(金閣・銀閣)とは違い礼儀をわきまえていて、下鴨家とも和解の姿勢を見せる

眼の下のクマが気にならないこともないけれど・・
(声:中村悠一)

有頂天家族の狸谷の祖母

狸谷の祖母

矢三郎たちの母方の祖母
つまり桃仙の母

狸界随一の長老研究家
祖母の薬はとっても効くらしい

ほとんど丸くなって寝ているようだが、ときどき核心めいたことをつぶやくちょっと不思議な存在
(声:小山芙美)

有頂天家族の星瀾

星瀾

矢二郎が赴いた先、四国で出会った狸
名付け親は下鴨家の父・総一郎

第二部の最後の方にちょろっと登場しただけで今後が気になる存在
(声:M・A・O)

天狗界

有頂天家族の二代目

二代目

赤玉先生(如意ヶ嶽薬師坊)の二代目
父との天狗合戦に敗れ英国へ渡っていた

紳士的な立ち居振る舞いだが実は内面には冷たく激しい感情がうずまいている・・
(声:間島淳司)

人間界

有頂天家族の天満屋

天満屋

あやしい呪術を使う人間
得体の知れない寿老人の手先はやはり得体が知れない・・
(声:島田敏)


有頂天家族2 第1話『二代目の帰朝』


有頂天家族2はあの忘年会の騒動から約半年後のできごと。
5月の京都から始まります。

結局、偽衛門選挙はぐちゃぐちゃになり狸界の頭領合戦は持ち越し、早雲は行方をくらまし、矢一郎は偽衛門になるべく立て直しを図る・・
また日常を取り戻したかに思われた京都の狸の面々ですが・・
あれやこれが登場してまたまたひと騒動が巻き起こります。

それでは今回も、名言・舞台やモデルとなった場所・小ネタや感想をつづります!


◆総一郎と桃仙の子供時代

時はだいぶ遡り・・
子ども時代のおてんばな下鴨家の母・桃仙とツチノコ探検隊であった父・総一郎の出会いからお話はスタートします。

有頂天家族2・子供時代の桃仙
『階段渡りの桃仙』
桃のように瑞々しく仙人のように身が軽い
花嫁姿の桃仙と晴れ着の総一郎
母はそのまんまだけど父はだいぶ若く見えますね

あの日「そこのけチビスケ」っと言い放ったツチノコ探検隊の隊長は下鴨総一郎といい、つまり我らの父である
「なんだとコンニャロ」と応じたお転婆は言うまでもなく母なのだ

この世に毛深き恋なかりせば、下鴨家の兄弟は毛一筋だに存在しなかった

阿呆の道よりほかに、我を生かす道なし

この場所の舞台・モデル

京都の狸谷山不動院
京都の狸谷山不動院の信楽焼の狸


『狸谷山不動院』
桃仙の出身地&総一郎との出会いの場所。
宮本武蔵が修行した地として、京都の中では知る人ぞ知るパワースポットだとか。
紅葉の名所でもあります。


◆ツチノコブームっていつ?

父・総一郎はツチノコブームにのっかり”由緒正しき未確認生物”であるツチノコという浪漫を追いかけた・・
というちょっと意外なエピソードが登場しますが、
”ツチノコブームってなんだろ?”
そんな人のためにちょっと調べてみました。

ツチノコの手配書



ツチノコ自体は縄文時代から似たような形の石器が発見されていて、オカルト好きにとってはだいぶ古い時代から心ときめく対象であったようです。

1973年に漫画『幻の怪蛇バチヘビ』が発表され、たちまち日本中でツチノコブームが起こります。
バラエティー番組などでもかなり取り上げられていたようです。
未確認の新種の蛇だ、など諸説ありますが今現在もはっきりとした正体は分かっていません。
ちなみにこの漫画『幻の怪蛇バチヘビ』を描いたのは『釣りキチ三平』の矢口高雄さんです。

うつぼん

ちなみにオレはうつぼだぞ
ツチノコとは関係ないぞ

桃仙『そのツチノコっていうのはタケノコみたいなものなの?』

『ヘンテコな蛇ね
きっとお肉がブリブリしているわ』

母はあくまでツチノコの食材的側面しか見ない

『これはおいしくないわね
おいしくない!』

母上のロマンを全く理解していないこの感じ、いいですよね(笑)

矢三郎『いるかいないか分からないから浪漫なんだぜ』



◆天狗つぶてはもらっていい

天狗の落とし物である天狗つぶて。
天狗が所有権を主張しなければ拾った者がもらっていいとされます。

↓これ、みんな思ったよね・・
”矢四郎、持ってない・・”

天狗つぶてのビロードの長椅子を運ぶ矢三郎と持っていない矢四郎




◆如意ヶ岳の中の描写が多め

前作では四条大橋側から如意ヶ岳を見た背景はたくさん出てきましたが、今回は如意ヶ岳の中が多く描かれていました。

二代目の家財道具が投げ捨てられているここも如意ヶ岳

この場所の舞台・モデル

京都の如意ヶ岳

『如意ヶ岳』
大文字山として有名な如意ヶ岳。
466m。気軽にトレッキングできる山で、近所の小学校では遠足で登るそうです。
京都の街が一望できます。



◆退屈した弁天の世界一周クルーズは『無銭渡航』

弁天様は退屈し、この年の4月に世界一周のクルーズに乗って旅立ちます。
原作によれば弁天は”神戸港で金満家をたぶらかし”て無銭渡航で海を渡ったそう。
弁天様ともなればそんなの容易いことなんでしょうね・・

鴨川沿いの桜の花びらを散らす弁天
両端にたくさんの桜が咲いている鴨川


アニメではソフトな表現でしたが、鴨川沿いの桜を”ひとつ残らず花弁をふるい落とすという遊びにふけっていた”という弁天。
第二部もしょっぱなから弁天風を吹かせています。

◆矢三郎が八坂平八郎に呼ばれた理由

八坂平八郎の事務所

八坂平八郎『よう、わざわざすまんのう
偽ハワイへようこそ』

八坂平八郎は総一郎の幼馴染という理由だけで偽右衛門(臨時)となった特にやる気があるわけではない頭領。
なので何か大きな出来事があると困っちゃうわけです。

今回薬師坊の二代目が帰ってきた、ということは狸たちにとっても無視できない重大なできごと。

矢三郎は狸たちの中で”天狗といえば矢三郎”とされ、今回の二代目の帰朝に関して狸界はどう動くべきか決めるうえで矢三郎の意見を聞くために呼び出されました。

誰もが持て余す厄介な存在・・赤玉先生にかわいがられ(?)弁天とも仲良く(?)している矢三郎は狸界では稀有な存在なんですね。

ちなみに八坂平八郎の事務所は廃業した肛門科医院を使っていて作中では祇園にあるとされていますが、実在しない場所のようです。

ポニモ

アニメだけ見た時は八坂さんって肛門科の先生なのかと思ったけど違ったみたい!



◆クロネコ・・クロタヌキ・・??

二代目の滞在地・京都のホテルニューオークラ
二代目の家財道具を運んだクロネコヤマトのような制服を着た作業員


二代目の家財道具の回収を手伝ったと思われる業者の制服は完全に”クロネコヤマト”のものですね。
でもよ~くみると・・あの動物のシルエットは猫じゃなくて狸でしょうね(笑)
この人たちも・・人間かな?狸かな~??

原作では矢三郎が天狗つぶての回収場所を設けた、とだけあり業者は登場しないためアニメオリジナルの設定ですね。

この場所の舞台・モデル

京都のホテルニューオークラ

『京都ホテルオークラ』
河原町御池にある政治家なども御用達の高級ホテル。

二代目は水も滴るイイ天狗ということで・・(?)
従業員たちからけっこう優遇されて過ごしていたようです(笑)



二代目の生い立ち

薬師坊の二代目は長崎(当時は崎陽)の出身で、子供の頃に弁天同様赤玉先生にさらわれた、とあります。

弁天と違うのは、二代目は赤玉先生と血の繋がりがあるということ。
が、二代目の出生に関して詳しくは原作にも書かれておらず謎は多いままです。

筆者の予想としては赤玉先生は自分の子どもを人間に育てさせてその後さらったのかな、と。
もしかしたら二代目は人間と天狗のハーフなのかも?とも思いましたが・・
どうなんでしょー??

真相は第三部で明かされるかも??明かされないかも???

かえるうおー!

”弁天と違って”・・
とか言って、弁天も実は元々普通の人間じゃないのかもしれないよな~・・




◆赤玉先生と二代目の争いの理由

二代目は子供の頃からいつか父である師匠を蹴落としてやる!と天狗修行に精を出していたそう。
そもそも仲がいい親子ではなかった赤玉先生と二代目。

たがいの癇癪玉を大爆発させる機会を、親子ともども虎視眈々と狙っているような雲行きであった


二代目が青年になる頃、ある女性に一目惚れをします。
赤玉先生がこの恋を邪魔した事が今までの二代目の鬱憤を爆発させるきっかけとなり、三日三晩に渡る大喧嘩をすることとなります。

きっかけとなった女性は、”時計台を持つ西洋風ホテル『廿世紀ホテル』の戦争成金オーナーの娘だった”とあります。

時計台のホテル・・第一部の3話で出てきた、海に沈んだ建物のことですね。
弁天が余暇を過ごしていた謎の時計台の建物は二代目にとってとても思い入れのある場所なんでしょうね。

弁天が待つ時計台の建物に向かってボートをこぐ矢三郎
有頂天家族第一部の3話より


ヘコアユくん

赤玉先生と二代目は好きな女性のタイプが似ているのかな・・
なんて思っていたけど、この時の”恋の鞘当て”に関しては、ケンカのきっかけが欲しかったという面が大きいみたいだね



◆決戦はいつも『南座』

かつて赤玉先生と二代目が争った場所は南座の屋根の上。
今回果たし状にて二代目を呼び出したのも南座の屋根の上。
(ちなみに弁天とのデートの待ち合わせ場所も南座の屋根の上)

赤玉先生はここぞという時の決戦の舞台は南座と決めているようですね。

赤玉先生が決戦の地として選んだ京都の南座界隈



ちなみに100年前の争いは、原作では”たがいの鼻の穴に指をつっこみ、髪を毟りあってモガモガするさまは天狗の死闘とも思われず、子どもの喧嘩に見えた”とあり、アニメでの喧嘩の方が深刻な雰囲気が漂っていますね。

赤玉先生と二代目の喧嘩を見学する鞍馬天狗たち


この100年ぶりの天狗合戦(になると思われた)は天狗たちの間でも話題となり、野次馬たちが揃って見学に来ています。



◆赤玉先生・雲ケ畑で修行する

アニメではカットされましたが、二代目が帰ったことを知り赤玉先生は出町柳から姿を消し雲ケ畑で修行をします。

金光坊は天狗の精力増強剤として賀茂川の源流地で採取できる”龍石”からにじみ出る”龍水”を、矢三郎は暑中見舞いの豆餅を持って修行中の赤玉先生の元を訪れます。

この修行に出むいたことで『さすが赤玉先生』と、狸界における先生の名声はやや持ち直したようであった、とあります。

赤玉先生の本気な感じが伝わってきます。

有頂天家族2・第一話その他の名言・名文

赤玉先生『産湯にひたって以来、上機嫌であったことなど一度もないわ』

アニメではカットされていましたが、原作の矢三郎の第二部での初登場姿は”金髪碧眼のゴージャスな美女”。
第一部の女子高生姿から、今回はちょっと変化させて赤玉先生を訪れましたが、またもや”気色悪い”と撥ね返されてしまいます。

二代目『ならば私がとどめをさしてやろう』

如意ヶ岳から蹴落とされた、と聞いた二代目の反応。
100年経っても親子仲は全く修復されていないことが分かります。

如意ヶ岳を去る二代目

二代目『そう仰るが、どうも狸が大好きであるように見受けられます』

赤玉先生に化けた矢三郎にかけたひとこと。
やっぱりすぐにばれちゃうんですね・・

矢三郎の尻尾を掴む二代目

二代目『そら見たまえ
うかうかしていると化かされそうだ』

矢三郎『化かされてやるっていう余裕を持つのもステキなことですよ』

二代目のお礼の硬貨を決して受け取らない矢三郎。
粋な狸ですね~

ここでの会話は二代目が矢三郎を気に入りはじめた・・そんな雰囲気もあります。

この後、本当にこの貸しを”大きく回収する”ことになるとは、この時は矢三郎本人も思ってもいないんでしょうね・・

アナゴんず

続きは2話め~のまとめ記事で!

まったね~♪



↓2話からの記事はこちら!

有頂天家族2の天満屋が落ちた地獄絵
【有頂天家族2まとめ②】名言・舞台紹介・小ネタや感想まとめ!謎過ぎる幻術師・天満屋登場アニメ有頂天家族をベースに名言、原作からの補填や舞台になった場所の紹介、小ネタや感想をまとめる記事。 今回は有頂天家族2の第二話~第三話のまとめです。謎の人間・天満屋の登場です!...



↓Amazonプライムにて1話めが無料で見られます♪(2020年8月18日現在)

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。