なつやぎブログ

映画やアニメの感想・子連れ旅行記や健康情報など書いています

【冷え性改善】冷え症の原因や冷えやすい人の特徴は?改善のための運動、食事、おすすめグッズを紹介!

f:id:NTYG009:20191202235428j:plain

先日2歳児の抱っこについての記事で、『筋トレを決意した』と書きました。

実はこの筋トレ決意には抱っこ以外にもうひとつ大きな理由がありまして・・

それは冷えがツライ!!こと!

(あと肩こりもですね)

 

10月の終わりから平日は子供を保育園に通わせてほとんど家の中にいるので、今年春のブログを書くようになってからの運動不足に拍車がかかりました。

子供と公園に行くだけでもちょっとは運動になっていたんだな、と痛感。

 

このままじゃ寒すぎて越冬できない!

ということで、今日は冷え性についての記事です。

 

 

 

 

 

 

体の冷えはなぜ起こる?冷え性の原因とは

 

冷え性ってツライですよね~

冷えってなんで起こるのか。原因を調べてみました。

 

気温が低くなると人間の体は体温を維持するため、体の中心部に血液が集まります

体の中心には大切な内臓がありますからね、守ろうとするわけです。

また、体温を外に逃がさないように血管が縮まり、血液の流れが悪くなります

手足の末端の血液量が減ったり血流が悪くなることが冷えの原因となります。

 

冷えが蓄積される?【積冷】とは

 

冷えの積み重ね・・積冷。

夏の間にクーラーなどで体が冷えてしまう状態が続くと寒くなった時期により冷えを強く感じることになってしまいます。

夏でもクーラーで冷やし過ぎない、夏でも湯船で体の芯を温める、など冷えは夏のうちから対策するのが理想的なんですね。

 

ストレスや生活習慣の乱れも冷えの原因になる

 

ストレスは体の機能に影響を与えてしまいます。

そして寒くてさらにストレスを感じる・・

うーん悪循環ですね。

冷えを改善して快適に冬を乗り越えたいですね!

 

 

 

 

どんな人が冷えやすいのか?冷えやすい人の特徴

 

筋肉量が少ない人は冷えやすい

f:id:NTYG009:20191204135643j:plain

筋肉量がある体は熱を生産しやすく、筋肉量が少ない女性などは冷えやすい傾向にあります。

確かに・・ちゃんと鍛えている人って男女問わず冬でも薄着で、寒がりさんは少ない印象ですね。

 

貧血気味の人は冷えやすい

 

貧血気味の人は体が冷えやすいです。貧血の人は赤血球の役割、体のすみずみまで酸素を運ぶ量が通常より少ないため、冷えていない時でも血流が悪くなりがちです。

もともと流れが悪いのに寒くなるとより血流が悪くなる・寒い・肩こる・だるい・・

嫌なループですね~

私も貧血傾向にあるので、書いてて嫌になってきましたw

 

むくみやすい人は冷えやすい 

 

体がむくみやすい、水分代謝が悪い人は寒がりの人が多いですね。

むくみやすいということは体に必要以上に水分をため込んでしまっている状態です。

余分な水分が多いほど体全体が冷えてしまいます。

水って冷えやすそうですもんね・・

 

私はむくみとは無縁なのですが(そのかわり超乾燥体質・・)

まわりのむくみやすい体質の友人たちはみんな寒い時期が苦手です。

 

 

 

 

冷え性改善には適度な運動やストレッチがおすすめ

 

冷え性の対策としておすすめなのは運動です。

寒い時は体を動かす!心拍数があがって体温も上がり、体が温まります。

そして先ほど書いたように、筋力をアップすることで熱を生産しやすい体に変えることができます。

動いた時に一時的に温まるだけではない、冷えにくい&熱をうみ出しやすい体を作るための簡単にできる運動を紹介します。

血行アップのためのストレッチも紹介していきます。

 

【第二の心臓】ふくらはぎの筋肉を鍛えよ!

 

心臓は全身に血液を送るために動いています。送られた血液はまた心臓まで戻るわけですが、心臓から離れるほど戻ることが困難になります。

特に足元は心臓から離れていること、そして重力の影響もあり、戻る血液がスムーズにいかない、血流が悪い状態になりやすいのです。

 

そこでポイントになってくるのがふくらはぎの筋肉。

ふくらはぎの筋肉が発達していると、血液が心臓に返るのをサポートしてくれます。

なのでふくらはぎは第二の心臓と言われているわけですね。

特に足が冷えやすい人やむくみやすい人はふくらはぎの筋力アップをがんばってみましょう。

 

冷え性さんにおすすめのふくらはぎの運動

 

ふくらはぎの筋力をつけて血行をよくしましょう。

f:id:NTYG009:20191204130326j:plain

つま先立ち→元に戻す

この繰り返し。

ゆっくりめに、またかかとを戻す際も床に付けず、かかとをずっと上げたままの方法だとよりききます。

 

冷え性さんにおすすめふくらはぎのストレッチ

 

ふくらはぎのストレッチで筋肉を柔らかく保ち、血行アップを目指しましょう。

f:id:NTYG009:20191204132016j:plain

壁に手をついて後ろの足のかかとを後ろに押し出すようにしてふくらはぎを伸ばします。

呼吸を止めずに20秒ほどかけてじっくり伸ばすのがポイント。

伸ばす足から遠ざけるようなイメージで腰を前方に出すほど強くストレッチできます。

 

足でじゃんけん&足首まわし

 

f:id:NTYG009:20191204132845j:plain

足先が特に冷える末端冷え性さんには足指じゃんけんがおすすめ。

足の指を動かしてグーチョキパーの形にします。

けっこう難しいですよね。足がつらないように気をつけてください!

(つる原因と言われているひとつに『冷え』があるそうです)

 

f:id:NTYG009:20191204133959j:plain 

足首まわしもおすすめ。座って足首を回しましょう。

おおきくゆっくりまわすことがポイント。

これは足首を細くする方法としても有名ですね。冷え取りのついでに細くなってくれーと思いながらできますね。

こちらも血行アップにつながります。 

 

 

 

 

冷え性におすすめの食べ物飲み物

 

冷え性さんに必要な栄養は良質なたんぱく質!

 

ちょっと前にテレビで、肉を食べない人は体が冷えやすい、といった内容のものを見かけました。

良質なたんぱく質は筋肉を作るというだけでなく、食べた後に熱を生み出して体を温めてくれます。

 

 しょうがパウダーは冷え性の味方

 

冷え性さんの冬場の定番アイテムとなっている生姜パウダー

生姜を高温処理して乾燥させることで体を温めるパワーが格段にあがるのです。

ハチミツを入れてお湯で溶かして飲んだり、スープなど料理に入れたり使いやすいですよね。

 

 

 

むくみやすい人は塩分や化学調味料を控えめに。カリウムを摂ろう

 

体の中に必要以上に塩分が取り込まれると、は体は水分を溜め込み、結果体をむくませます。

また化学調味料はうまみのおかげで塩気がまろやかに感じる仕組みとなっていて、知らずのうちに大量の塩分を摂ることになってしまう、むくみやすい人にとって危険な調味料です。

 

むくみやすい人はカリウム、ビタミンを摂取しよう

 

カリウムは水分代謝を高めてくれるミネラルです。

バナナやグレープフルーツ、ほうれん草や海藻類に多く含まれています。

ただし生のフルーツは食べ過ぎると体を冷やすこともあるので、乾燥ワカメやひじきなどの海藻から摂るのがおすすめです。

むくみ予防のためのサプリメントもあります。

スルスルむくみん

↑むくみすっきり美ボディを目指せるサプリメント!↑

 

むくみ対策と言えばメディキュット 

 

 

 着圧ソックスは履くだけで簡単にむくみを予防してくれます。

 

 

 

冷え性さんのためのおすすめグッズ

 

 

足が冷えないシリーズってたくさんありますね。

あったかそう! 

 

 

もこもこですね~

ベストセラーだそうです。履きたい!

 

 

電子レンジで温めるタイプのショルダーピロー。 

これ私大好きです。リラクゼーションの仕事をしている時、まわりのセラピスト仲間にも好評でみんな買ってましたw(お店に物販として置いてあったんです)

温めると首こり肩こりがほぐれやすくなります。

いい香りであったかくて気持ちいい。

香りが薄くなったらアロマなど好きな香りをつけて使えます。

 

 

電気毛布などは静電気が発生して体に良くない!電気代がかかる!

それなら昔ながらの湯たんぽはどうでしょうか。

私は妊娠中、電磁波を気にしていた時に湯たんぽを使っていましたww

今から思うと気にし過ぎだったな~

 

 

 

 

おわりに

 

万年冷え性の私ですが・・

『ヒートテック??着るの忘れてた!』

いつか冷えを改善してこのセリフが使えることを目指します。

冷え性の皆さま、本格的に寒くなる前に快適に過ごせるよう対策をたてていきましょう

 

それではまた

 

www.ntyg009.com