なつやぎブログ

映画やアニメの感想・子連れ旅行記や健康情報など書いています

名作絵本の映像化 童心に帰ろう 映画『あらしのよるに』感想・評価

映画映画1日1作品ブログ20日目

→30タイトル書いてこちらの企画は終了、現在は雑記ブログとなっています。

 

連投で・・

ふー追いついた!

 

f:id:NTYG009:20190517221125j:plain

 

あらしのよるに

 

 

 

 

 

解説

 

ヤギとオオカミの間に芽生えた友情の行方を描くファンタジー長篇アニメーション。監督は「スーパードール リカちゃん リカちゃん絶体絶命!ドールナイツの奇跡」の杉井ギサブロー。きむらゆういちの連作絵本を基に、きむら自身が脚色。映像ディレクターに篠崎亨が、撮影に佐藤陽一郎がそれぞれあたっている。声の主演は、「隣人13号」の中村獅童と「探偵事務所”5 5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語」の成宮寛貴。芸術文化振興基金助成事業、文部科学省選定作品。映画.comより

 

 

 

トピック

◆原作の絵本は小学四年生の教科書に採用されている。

◆杉井ギサブロー監督の代表作には『キャプテン翼』『タッチ』がある。

 

 

 

 

 

感想

 

★★★☆☆

 

現在(2019年5月)Eテレの”テレビ絵本”という番組でこちらの原作の作品が放送されている。

(”テレビ絵本”は絵本の絵柄そのままで動きと朗読がある、まさに絵本をテレビで楽しめる人気番組だ)

夫が録画してまで見ていて毎回絶賛しているのでなんとなく気になって観てみた。

 

この映画バージョンは絵柄はだいぶ違う。

私は原作の絵をなんとなく知っている程度だが、元々こちらの絵本のファンだったとしたらちょっと受け入れがたいかもしれない。

声もちょっと残念。何も知らずに観たけれどプロの声優じゃないことがすぐに分かってしまう。

 

お話は良かった。

心にしまっておきたいような感動するセリフもあった。

 

大人になると器用になって、新しく出会う人とはなんとなくうまくいくようできてしまうし、本当に心を開くこともあまりなくなる。

誰かによって感情を揺さぶられるのは疲れるし傷つきたくない、傷つけたくない・・・

新しい友達っていつからできなくなったのか。

今は疎遠になった、小学生の頃毎日遊んでいた子は元気かな。

あの頃は、一緒にいる時間は当たり前で、その時間は限りなくあるように感じていたけれど、とても短く愛おしい時間だったんだな。

 

お互いにとって素晴らしいパートナーに出会えた二匹がとても羨ましい。

この歳で、これから出会えることもあるのだろうか。

もうちょっとだけ心をオープンにして人と接してみようか。

そんなことを考えさせられた。

Amazonプライムビデオであらしのよるにを観る

 

 

 

見どころ

 

2匹の友情

 

こんな人におススメ!

 

純真なストーリーが観たい人

子供にもおススメ

イメージワード

童話・絵本・友情


あらしのよるに スタンダード・エディション [DVD]