なつやぎブログ

映画やアニメの感想・考察、旅行記や子育て情報など書いています。

ベル・エポックへタイムトリップ!『ディリリとパリの時間旅行』あらすじ・感想 登場した絵画情報も

f:id:NTYG009:20190905140710j:plain

 

ディリリとパリの時間旅行

 

フランス/2018 94分

 

監督・脚本:ミッシェル・オスロ

音楽:ガブリエル・ヤレド

 

キャスト 

ディリリ:プルネル・シャルル=アンブロン

オレル:エンゾ・ラツィト

エマ・カルヴェ:ナタリー・デセイ

 

吹替えキャスト

 

ディリリ:新津ちせ

オレロ:斎藤工

 

 

 

 

 

解説

 

フランスのアニメーションの巨匠、ミッシェル・オスロ監督。

代表作は『キリクと魔女』『アズールとアスマール』。

アンジェの美術学校、のちにフランス国立高等装飾美術学校で装飾芸術を学ぶ。

アニメーションは独学で学んだそう。

 

スタジオジブリがオスロ監督の作品を配給していた時期もあり、宮崎駿さん、生前の高畑勲さんとの親交も持つ。

 

音楽は『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞作曲賞を受賞したガブリエル・ヤレド氏。

 

エマ・カルヴェ役はオペラ歌手のナタリー・デセイが演じていて、圧巻の歌声を披露しています。

 

 

 

あらすじ

 

時代は19世紀末~20世紀のパリ。華やかなベル・エポックの時代。

 

ニューカレドニアに住む少女ディリリは海外へのあこがれから、パリ行きの船にひとりで忍び込みます。

 

パリで偶然出会った配達員の青年オレル。

オレルはディリリにパリのいろいろな風景を見せてくれます。

 

f:id:NTYG009:20190905140014j:plain

 

美しい華やかなパリの街。

しかし一方で、”男性支配団”なる組織による少女誘拐事件が横行しているという、闇も抱えていました。

 

少女たちを救うため、ディリリとオレルはこの時代の数々の著名人たちの協力のもと、勇敢に立ち向かっていきます・・・

 

 

 

登場する著名人

 

ベル・エポック時代のパリが舞台の今作。

実在した芸術家、歌手、政治家・・数々の著名人が登場します。

 

モブ的な登場も含めると、その数なんと100名以上。

フランス文化マニアにはたまらないでしょう・・探すだけで楽しいはず。

 

私にも分かった!というくらいの露出度で登場していたのは・・

ピカソ、マティス、ルソー、モネ、ルノワール、ロートレック、プルースト、サティ、キュリー夫人、エドワード皇太子・・あとは誰だったか、、

 

盛りだくさん過ぎて、出会う人物の名前をメモしながらのディリリのセリフ通り・・

『パリは人が多いから名前を忘れちゃいそう』

そんな感じです。

 

特にロートレックは好待遇でしたね。

オスロ監督はきっと、ロートレック好き。

 

 

登場する絵画

 

ルソー『蛇使いの女』

マティス『赤い部屋』

ピカソ『軽業師の家族と猿』

シュザンヌ・ヴァラドン『マリー・コカとその娘』

 ルノワール『田舎のダンス』

モネ『睡蓮、柳の反影』

 

映画だけ見てすべての作品が分かったあなた・・

絵画通ですね!

・・・私は調べましたよ! 

 

ミュシャのポスター、ロートレックのムーランルージュも出てきました。

 

f:id:NTYG009:20190905134534j:plain

 

このシーンの右側の人物は彫刻家のブランクーシです。

ブランクーシの前には自身の作品、『Sleeping Muse』が置いてありますね。

 

ちなみにこの部屋の壁には北斎の『神奈川沖浪裏』も飾ってありました。

  

 

 

 

 

感想

 

ネタバレはありません。

 

オペラ座・凱旋門・ヴァンドーム広場・チュイルリー公園・アイリッシュアメリカンバー・ムーランルージュ・・・

とんでもなく美しい背景に登場するのは切り絵のような人物。

 

日本のアニメーションと表現が全く違う・・

というより、どのアニメーションとも違う不思議な感覚の作品でした。

 

背景はオスロ監督が4年間で撮りためたパリの写真を元に、CGで処理されたものなんですが、どれもこれも1枚の作品のように綺麗で見とれてしまいます。

 

美的感覚が磨かれていくようなイメージで観ていました。(磨かれてるといいな~)

特にラストシーンのエッフェル塔と星空は美しすぎる・・!

 

切り絵のような平面的な人物や、動きにはちょっと不自然なところもあるのですが、それも独特の雰囲気をかもし出していて魅力的。

 

ディリリがかわいいです。

上品でおしゃまさん。

幼いながらも自分なりの哲学を持っていてしっかり者。

だけどちゃんと子供らしさ、かわいさを持っている愛らしい子です。

 

ディリリがチーターに乗って部屋をうろうろするシーンが好きです。

(チーターって・・ペットにできるんだ・・

マイク・タイソンは虎をペットにしてたし、可能なんですね。

日本の皆さんには控えていただきたい・・w)

 

 

社会的な問題を取り扱うストーリー

 

子供向けのかわいいおとぎ話なのかと思いきや、社会的なメッセージ性も強く、皮肉も込められていてちょっとびっくり。

 

 

メッセージ性のあるセリフもたびたび出てきます。

心にとどめておきたい、響くものもありました。

 

エドワード皇太子のセリフは、オスロ監督の希望そのものな気がします。

 

『私の望みは多様な人々が理解し助け合うこと』

 

これまでの作品でも、様々な国籍の人物を分け隔てなく登場させてきたオスロ監督。

 

エマ・カルヴェがディリリに『ぎゅっ』を教え、終盤でもみんなで『ぎゅっ』するんですが・・

今回の作品も愛に満ちています。

 

 

吹替え版よかったです

 

ちなみに今回、時間の都合で吹替えで見ました。

 

新津ちせさんも斎藤工さんもハマってたな~

ディリリの利発さ、オレルの優しい好青年ぶりが素敵でした。

ふたりの歌声もかわいかった。

 

映画館で吹替え・・・人生で2回め。

1回めは姉と一緒に、パイレーツオブカリビアンの2か3を観に行きました。

どっちだったか忘れてしまった。

 

”ジョニーデップの吹替えしている声優が好きだから!”

という姉のリクエストにより。オタク姉妹です。

 

普段は字幕派ですが、字を追わないので映像により集中できますね。

バイリンガルならこの感覚で観られるんですよね。

 

ディリリ~は”映画鑑賞のための語学勉強をしたい”と思わせてくれる作品でした。

 

 

 

まとめ

 

アート好きな方、パリ好きな方。

映画館でタイムスリップして、ディリリとオレロと一緒にパリを巡っちゃってください。

めちゃくちゃ素敵ですよ!!

よい旅を!

 

こちらの記事もどうぞ

www.ntyg009.com