なつやぎブログ

映画やアニメの感想・考察、旅行記や子育て情報など書いています。

埼玉県秩父市が舞台のアニメ第3段!『空の青さを知る人よ』感想・評価・評判は??

f:id:NTYG009:20190815143823p:plain

 

空の青さを知る人よ

2019/日本 

原作:超平和バスターズ

監督:長井龍雪

脚本:岡田磨里

キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀

音楽:横山克

主題歌:あいみょん『空の青さを知る人よ』

キャスト:吉沢亮・吉岡里帆・若山詩音・松平健・落合福嗣・大地葉・種崎敦美

 

予告

 


映画「空の青さを知る人よ」予告

 

 

 

 

 

トピック

 

2011年・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない(あの花

2015年・心が叫びたがってるんだ。(ここさけ

に続く秩父を舞台にした3部作の第3弾、”空の青さを知る人よ”

2019年10月11日公開。

 

このままのノリでいくと・・

そらあお』かな?

『そらしる』『あおしる』ではないような・・・”しる”ってなんかね・・

 

原作の超平和バスターズとは、あの花の制作チームの一員である、長井龍雪さん、岡田磨里さん、田中将賀さんからなるアニメ制作チームの名称。

 

”あの花”の本編で主要キャラたちが子供の頃に結成した、仲良しチームの名前が”超平和バスターズ”でした。

 結束の強さを感じますね。

 

私のブログで取り上げるアニメとはちょっと作風が違いますが・・・

応援しますよ!地元だから!

 

 

 

あらすじ

 

高校2年生になる相生あおいは姉であるあかねとともに暮らしており、音楽漬けの毎日を過ごしていた。

一方、あおいを心配するあかねは13年前に両親を失くしたことが原因で、高校卒業後に恋人の金室慎之介とともに上京することを断念せざるを得なくなり、現在は地元の企業で働いている。

妹のあおいは自分を育てるために自分の好きなことを犠牲にしている姉のことをとても気にかけていた。

そんな慎之介は高校卒業後にミュージシャンとなるべく上京してデビューしたのだが、全く売れずに鳴かず飛ばすの状態が続いていた。そしてそれが影響して、地元への連絡もままならなくなっていた。

ある日、あかねの地元で行われる音楽祭に、演歌歌手である新渡戸団吉が出演することになったのだが、その新渡戸がバックミュージシャンとして指名したのが慎之介だった。

そんな時、13年ぶりに慎之介が地元に戻ってきた。そして時を同じくして、13年前の世界からやって来た18歳の慎之介=しんのがあおいの目の前に現れ、あおいはしんのに恋をする。

そんな中、31歳の慎之介とあかねは久しぶりの再会を果たそうとしていた。

 

『井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る』

過去と現在をつなぐ、せつなくてふしぎな”二度目の初恋”の物語

 

姉妹が一人の人間に恋をする、しかし一人は過去から来た人物・・・

とちょっと不思議なお話っぽいですね。

 

この制作陣の作品は両親が亡くなったり不仲だったり・・・一般的に幸せと言われる家庭に恵まれない子たちが出てくるのが特徴ですね。

 

 

 

 

 

感想

 

2019年10月11日公開。

観たら追記します♪

 

 

 

まとめ

 

 秩父が舞台に人気アニメ第3段。

今回はどこの風景が見られるのか・・・公開が楽しみです。

 

 

 

 

おまけ・秩父弁うさぎスタンプ

 

実はけっこう人気。

store.line.me

store.line.me

store.line.me