劇場アニメ

森見登美彦作品(アニメ)のおすすめランキング!

有頂天家族のイラスト

最近アニメばかり見ているなつやぎです。

今回は執筆した作品の多くがアニメ化、映画化、コミカライズ、舞台化など他メディア化されている人気の小説家、森見登美彦さん原作のアニメ作品をおすすめ順に紹介していきます。

森見登美彦アニメおすすめ①有頂天家族・有頂天家族2

有頂天家族

2013年7月~9月 TOKYO MX他で放送

テレビアニメ 全13話

監督:吉原正行 制作:P.AWORKS

第17回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 優秀賞受賞

森見さん作品の中で”五男”、”毛深い子”と呼ばれている。動物を主人公にした初めての作品。

有頂天家族2

2017年4月~6月 TOKYO MX他で放送

テレビアニメ 全12話

監督:吉原正行 制作:P.AWORKS

こちらは『京都特別親善大使』として京都市から任命されている作品。
初代と2をまとめて1位にしました。森見さんの”たぬきシリーズ”3部作中の1と2です。

京都を舞台に人間社会に紛れて暮らす、”人間に化けたたぬき”と”天狗と”たぬきを鍋にして食べる人間”の話。

鍋にされ食べられてしまったたぬきの個性豊かな子供たち”下鴨家のたぬき4兄弟”を中心に物語は進んでいきます。

狸になった矢三郎

見始めは特にそこまで印象に残る作品ではありませんが、見進めるほどに、見てから時間が経つほどにこの物語の世界観に惹かれていく。
そんな演歌のような不思議な魅力を持った作品。
じんわり心に残ります。

舞台となっている京都の街並みや自然の作画が最高です

鴨川に立つ矢三郎と二代目

五山の送り火を背に夏の夜の京都の街の光を見下ろす、たぬきが乗る空飛ぶ納涼船はこの上なく素敵でなんとも趣があり、子供の頃に行った夏祭りのようなノスタルジーを感じられます。
懐かしくて楽しいような、でもちょっと切ないようなあの感覚・・。

登場人物もみんな魅力的で、個人的にお気に入りはミステリアスなキャラ、弁天
もう最恐で最高
能登麻美子さんのセクシーボイスがとてもはまってます。

見下ろす弁天

お話はシリアスさもちょっとありますが、全体的にたぬきらしく明るく前向きにまとめられていて元気になるパワーをもらえます。

無印の方では主にたぬき一家・・家族のお話でしたが、2では思わぬ方向にお話が広がっていきます。

不思議でちょっと奇妙で、でも人間が普通に暮らす馴染みのある街並み・・
『京都には実はこんな風に天狗やたぬきが暮らしているのかな??』
とか考えてワクワクしちゃいます!
この森見ワールド全開の世界観をお見逃しなく♪

ちなみに森見さん作品によく登場する幻の銘酒”偽電気ブラン”。
この作品でたぬき兄弟の4男・矢四郎は”偽電気ブラン”の製造工場で働き修行しています。

3部作の第3部は『天狗合戦』。
たくさんのファンが待ち望んでいます。
続編が楽しみすぎるシリーズです!

有頂天家族と有頂天家族2はAmazonプライムで見ることができます。

Amazonプライムビデオで有頂天家族を見る

原作情報

2007年9月15日幻冬舎より刊行『有頂天家族』

2015年2月26日幻冬舎より刊行『有頂天家族 二代目の帰朝』


森見登美彦アニメおすすめ②夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女

2017年4月7日公開

劇場アニメ 93分

監督:湯浅政明 制作:サイエンスSARU

第41回オタワ国際アニメーションフェスティバル長編部門グランプリ受賞

第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞

大ヒットした小説が満を持してアニメ映画に。

夜の京都の街を飲み歩く黒髪の乙女の不思議で奇妙な一夜のできごとを描いた作品。

原作の大ヒット、そしてこちらの作品の前座のような位置のテレビアニメ”四畳半神話大系”も超大人気作品だったため期待値がとても高かったのですが、裏切りません!

爆走する私

四畳半神話大系をハイレベルにした、そんな印象です。
色彩豊かで魅力的な作画、そして乙女が可愛い!!花澤さん万歳!!
どこまでもマジメにちょっとバカっぽいことをする天然さん。いいキャラだ。

だるまを着る黒髪の乙女

昔、原作小説を読んだ際、私の頭の中でこんな画は浮かんでこなかった
よ・・・
センス抜群な制作陣ですね。湯浅監督、すごいです。

こちらだけでも楽しめますが四畳半神話大系を見てからだとより楽しめます。
主要登場人物がほとんど出てきます・・まさかのジョニーまでも・・(笑)

黒髪の乙女と李白が飲んだ偽電気ブランは有頂天家族の矢四郎が作ったものかも?
こういう繋がりって楽しいですよね。

古本屋祭りと乙女

 夜は短し歩けよ乙女はAmazonプライムビデオで視聴できます。

Amazonプライムビデオで夜は短し歩けよ乙女を観る

原作情報

2006年11月角川書店より刊行

第20回山本周五郎賞受賞

第137回直木賞候補

2007年本屋大賞第2位

スポンサードサーチ

森見登美彦アニメおすすめ③四畳半神話大系

四畳半神話大系

四畳半神話大系

2010年4月~7月 フジテレビ系アニメ枠”ノイタミナ”で放送

テレビアニメ 全11話

監督:湯浅政明 制作:マッドハウス

第14回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 大賞受賞

第10回東京アニメアワード テレビ部門 最優秀作品賞受賞

もはや殿堂入りしているアニメファンも多い伝説的作品。

四畳半の部屋に暮らすパッとしない大学生”私”の悲惨な学園生活を描く一話完結っぽくも全て繋がる、パラレルワールドもの。
森見さん作品の中でコメディー色が特に強い印象です。

”中村佑介さんの絵が動いている!”
初めて見た時は衝撃的でした。

ラーメン屋での私と樋口先輩

色調も奇抜とてもスタイリッシュ!テンポの良さもナンバー1ですね。

そしてアジカン!サブカル最高!
あまりアニメを見ない人であればこちらの作品を一番におススメする、そんなオシャレ作品です。

小津と私

また”私”演じる浅沼晋太郎さんのこれ以上速いと聞き取れないところ出てきちゃうよ、というギリギリのラインを攻めた朗読が素晴らしい!
流れるような言葉たちをつかまえスピーディーに頭の中で処理していく作業がとても心地よくクセになります。

んで、ヒロイン明石さんとモチグマンが可愛いんだー!

四畳半神話大系オフィシャルガイドの表紙

四畳半神話大系はアニメ放題・Amazonプライムで視聴できます。

アニメを見るならアニメ放題!

↑アニメ放題は月額400円(税抜)で3,000作品以上が見られます。

原作情報

2005年1月5日太田出版より刊行

森見登美彦アニメおすすめ④ペンギン・ハイウェイ

ペンギンハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

2018年8月17日公開

劇場アニメ 119分

監督:石田祐康 制作:スタジオコロリド

第22回ファンタジア国際映画祭 長編部門 今敏賞受賞

大量のペンギンが突如街に出現、そこに住む深い謎を持つお姉さんと少年のひと夏のできごとを描いたSFファンタジー。
舞台は森見さんの出身地、奈良県生駒市。
アニメ化されている作品中一番シリアス要素が多く、感覚的な作品でもあります。

いきなりネガティブ要素ですが、個人的に理詰めの小学生主人公が苦手でした・・照れずふざけずおっぱいの話する小学生男子なんて異常だ・・!w
お話は切なくも前向きで感動的でとても良かったです。

登場人物の心情の描写が丁寧で少年の成長も描かれていて今まで見た森見さん作品アニメとは一味違う印象でした。

ペンギンと少年

作画も夏の爽やかさが画面からにじみ出ていて心地いい。
カフェに置いてある小物が可愛くて、細かいところまで作り込まれている丁寧な印象を受けました。

ペンギン可愛かったなぁ・・

川に浮かぶペンギン

Amazonプライムで『ペンギンハイウェイ』を見る

U-nextでペンギンハイウェイを視聴する

原作情報

2010年5月角川書店より刊行
第31回日本SF大賞受賞

スポンサードサーチ

まとめ


森見さんの不思議な世界観のファンタジー作品たち。
小説もアニメもそれぞれの良さがあってどちらもおすすめです。
今後の作品も楽しみですね。

そして森見さんの作品は読んでいても見ていても記事を書いていても京都に行きたくなることが分かりました。

次の旅行先は京都で決定。五山の送り火を見られることを楽しみに生きていこうと思います。

それではまた。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。