雑学・豆知識・日記

我が家のマスク事情★ガーゼマスクでもしないよりはいいよ 追記・手作りマスク追加で作りました

手作りガーゼマスク

1月末頃に箱で買ったマスクの在庫がだんだん減ってきて心配になりつつある今日この頃。

困るなぁ・・

うちの旦那はけっこう重めな花粉症なんです。ついでに私も気管支が弱め。

マスクの値段・・マヒ!


最近ネットでは、マスク本体100円(送料9,000円)なんて送料詐欺が相次いでいるようですが・・
一応『マスク』で検索をかけてみました。

◆マスク1箱50枚入り1,980円(送料無料)◆

あ、なんだ安いじゃん

とか一瞬思っちゃったけどね

いや全然安くないし・・!!

足元見てますね~
危ないあぶない、騙されるところだった・・

11/9追記
マスクの値段、だいぶ落ち着いてきましたね。
ドラッグストアやスーパーでも見かけられるようになり、国産マスクが50枚1000円ほどが多いようです。

ガーゼマスクはいろいろ通過しやすい(でもしないよりいい)


妊娠中にガーゼ生地で娘のスタイやらおくるみやらを手作りしたんですが、その時に余った生地でマスクを作ったことを思い出しました。
(そしてあまり使われずにしまってあった)

手作りのガーゼマスク


まあなんとかわいらしい・・赤ちゃん向けの生地ですからね・・

サイズは大人用に作りましたが、紐を短くすれば2歳の我が子でも使えます。

でもガーゼマスクって菌とかウィルスとか、あまり防いでくれないみたいだよ。
そうなんです。ガーゼマスクは紙マスクに比べいろいろ通過しやすいんですよね。

紙マスクでも大して防いでくれないよ、という意見もあるけど、どっちにしろ飛沫感染を防ぐという観点ならしないより全然いいようです。

11/9追記→紙マスクはマスク自体は通過しないものの・・というより通過しにくいためにその分隙間から菌やらウィルスやらがくしゃみや咳をした勢いで大量にサイドや上下に飛び出すそうです。
なのでガーゼも紙も、感染を防ぐ・拡散させないという効果はさほど変わりはない・・世間ではそんな結論に至ったイメージです。



元々は乾燥した家の中で使う保湿目的で作った、このかわいらしいガーゼマスク。
このマスクをつけることを旦那は渋っていますが・・
大人がこれつけて外出るのはなかなかね・・

このマスクに見合わない年齢の人々をもし見かけたとしても見逃してください(笑)

4/15追記!
やはりこのマスクは抵抗があったのでこちらは欲しがった子供に譲り、大人用のガーゼマスクを新たに作りました!
私用と旦那用、2枚ずつ。計4枚。

手作りの白い生地の立体マスク

ガーゼとゴム紐をネット通販で購入しミシンでカタカタ。

ゴム紐は1mあれば十分かと思ったら足りなかった・・
片耳25cm、ひとつのマスクを作るのに50cmのゴム紐が必要。

マスクのゴム紐の付け根

↑足りない分は使い捨てマスクのゴム部分を切り取って縫い付けました。
誤算でした。
でも使い捨てマスクのゴム紐も案外丈夫でいい感じですね。

生地は50cmあればダブルガーゼを2枚重ね(つまり4枚重ね)のマスクが5つくらいできます。
私はこれ↓を使いました。

ダブルガーゼ 布地 生地 ホワイト 白50cm単位 巾110cm 日本製

ゴム紐は私は1mを割高で買ってしまった・・(そして足りなかった)
↓こちらは良心的な価格で評価も悪くないですね。
10mあればゴムが伸びた時も気兼ねなく交換できるし。

Jingban ゴム 丸ゴム ゴム紐 丸いタイプ ふわふわ ホワイト 手作りゴム 安全安心な素材「 ゴム ひも ゴム 業務用 手作り 手芸 ソフト ハンドメイド 裁縫 風邪」 (白い,20m)

スポンサードサーチ

ダイソーのあかすりミトンが『ピッタマスク』に似ているらしい


昨日こんな記事を見つけました。
あかすりが売り切れても困る人はそんなにいないでしょうから載せます。

news.merumo.ne.jp


材質とかも似ているようです。これも飛沫感染を防ぐには良さそうですね。
肌が弱い人はちょっと注意が必要かもですが。

おわりに


埼玉県のとある民家の屋外に大量のマスクの段ボールが山積みになっているそうです。
その住人は転売しません、と言っているようですが、、

現在高値で売られているマスクは保管状態にも注意した方がいいのかも。
手作りマスクと検索するとたくさん情報が出てきますし、私は高値では買いません。

まったね~♪

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。